高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

川﨑愛彩美さん

designfestagallery.co

 

 

今日はかなり早めだが、先に投稿させていただく。

実は昨日の午後、松戸スタジオから原宿に移動した。
遠いようで近いのである。

以前スタジオプロモーション撮影でお世話になった川﨑愛彩美さんを主役に据えた写真展が開催されていたのだ。

 

 

f:id:takatakakenn:20191019082716j:plain

モデル:川﨑愛彩美さん photo by takakita

 

とはいえ、原宿まではカンタンにいけるのだが、そこから会場までの道のりが難しい。すげー迷った。ケータイ片手に私が「ニンゲン史上最悪の醜態」と思っている「ながら歩き」をしつつ、会場を探すもなかなか目的地に辿り着かない。終いにはケータイ充電が切れて途方に暮れる始末。もはや最後は勘というか運に任せて歩いた。

 

結果。辿り着いた。

普通にいけば駅より徒歩9分。が、私はおよそ40分ほどかけて到着。ホント、よくたどり着くよな、こういうの。

 

会場自体は複数の小さな箱にさまざまな展示が並んでいる。そこでさらに迷うこと数分。ようやく愛彩美さんの展示ブースに。

 

 

f:id:takatakakenn:20191019082813j:plain

モデル:川﨑愛彩美さん photo by takakita

 

 

複数名のカメラマンさんが共同で開催しているようだが、モデルさんのレベルが高いとカメラマンさんのレベルも高い、というのは案外まちがっていない認識みたいね。

なかなか興味深い写真が展示されていた。

ご本人にもお会いすることができた。お元気そうでなにより。

 

とはいえね、ここに至るまでにカメラ機材を抱えたままに1時間は歩きまくっているのだ。さすがに軽やかに見て回る余裕はない。会場にいたのはおよそ45分程度か。

とりあえず、満足して帰りました。

 

あ、もちろん帰り道も迷子になったのは言うまでもない。

 

 

f:id:takatakakenn:20191208004130j:plain

モデル:川﨑愛彩美さん photo by takakita

 

 

展示は今日8日もやっているようだ。もしご興味おありのかたは遊びに行ってみてはいかがだろうか? 

あ、ちなみに本日の私の朗読イベントは15時半スタート。せっかくなんで「愛彩美さんの写真展、観てきたよ」ってかたが遊びにきてくれたらスゲー嬉しい。とだけ言っておきます。それでは!

ビルの入居者全員集合!

今日、初めてスタジオの入っているビルの入居者、全員が集合した。

 

共用部の使い方について、ちょっと皆でキチンとルールを決めましょう、という、わりとカチッとした理由だったが、私にとってみれば単に交流会みたいなもの、との認識だった。

 

私のスタジオが入っている古いビルは、大半が店舗だ。飲食店がふたつ、こだわりの強そうな服屋さんがひとつ、ネイルサロンがひとつ…あとは設計士さんが事務所を構えている。

 

 

今のところ、1階のお店のみ、良好な協力体制を築けていると思う。先日のプロモーションライブの時も飲み物の販売とかをやってもらった。せっかくスタジオでライブやるのにお酒も呑めないんじゃツマラナイからね。

 

個人的には、せっかく同じビルを使ってるんだし、どんどん色んなこと一緒にできたら面白いな、との思いが強い。そんなわけで、今日は皆さんもうちょっと打ち解けようじゃないの、との意味合いが強かった。まぁ個人的な考えだけど。

 

で、結果。

 

まぁ、終始なごやかにお話できたかな、という印象。私と同じ感覚で、イベントとか皆でやろうよ、というかたもいてちょっと安心した。そうそう、組めること、もっと沢山あると思うからね。

 

今後、イベントを行っていくなかで、色々とお話を持ちかけていきたいと思う。それこそ、各店舗同時開催で写真展とか、あってもいいと思うし。

 

あ、そうだ。うちのスタジオは、ギャラリーとしての利用もアリだと思っている。ご希望のかたがいらっしゃれば、お気軽にお問い合わせくださいませ!

散歩

今日、初めてスタジオのあるビルを基点に、ちょっくら散歩してみた。

 

5分もしないところに河川敷があってちょっと嬉しかった。

 

 

f:id:takatakakenn:20191206123423j:plain

スタジオ周辺 photo by takakita

子どものころも、大人になってからも、今のさいたま市に引っ越すまでは常に河川敷の近くに暮らしていた。私にとって土手に腰をおろしてボンヤリと川を眺めるのは、日常的な営みだった。よく学校とか抜け出して土手で空を眺めていたもんさ。

さいたま市には、大きな川がない。よって土手もなければ河川敷もない。この、のどかな空気がむかしから好きだった私にとって、それは少し寂しい。

 

f:id:takatakakenn:20191206123731j:plain

スタジオ周辺 photo by takakita

 

と、そんな私にとって、今日の散歩は有意義であった。

もう、この眺めはまさに、私にとって馴染み深い景色だ。

ちょっとね、これだけでひとりでニヤニヤしながら散歩してた。

 

ついでに、松戸市街には神社がちらほら見受けられる。

イチョウの葉と神社の建物って、妙に似合う。

 

 

f:id:takatakakenn:20191206124052j:plain

スタジオ周辺 photo by takakita

 

まだ知らないけど、年末年始とか、この辺の神社にもたくさんひとが訪れるんだろうか? 酔っ払った勢いで写真撮影! ・・・とか、まぁないだろうな、それは。

着物美人でも見つけてスカウトしようかなぁ・・・不審者と思われて捕まりそうだなぁ・・・なんてことを、ぼんやり散歩しながら撮影していた。

 

それはともかくとして。

 

なんだか今週はヒマだなぁ・・・困ったなぁ・・・なぜか、ぜんぶ依頼を受けているお仕事は来週以降なんだよなぁ・・・またバイトしようかなぁ・・・と、やはり取り留めもなく考えながらの散歩であったが、なんとなく楽しかった。まぁ、たぶん幾つかのお仕事のお話をいただいたんで、安心したんだろう。

 

そんなわけで、「今日はお仕事の獲得と朗読の練習をする」という当初の目的はキチンと成し遂げましたとさ。

 

お疲れさまでした。

 

広告

jmty.jp

 

 

今日はじめて知ったのだが、ジモティーってお店の登録もできるのね。

 

というわけで、今日はジモティーにスタジオの広告を掲載しました。

 

で、何故かそれに付随して千葉市の中小企業応援なんちゃらってところから電話がきて、そちらでも広告を掲載してくれるらしい。ありがたいことである。

 

基本的に、個人のフォトスタジオで大きく広告をうつことはむずかしい。そんなお金はないし、規模としてどこまで広げて良いものか分からない。

 

ただ、すでにお客さんとしてスタジオまでお越しくださった皆さまの話を聞いていると、やはり「ちゃんとした写真を撮ってもらいたい」という需要は確実にあるように思う。なので、ささやかではあれ「うちのスタジオ、松戸にありますよ」ということが伝えられる手段が増えたのはありがたいことだ。

 

今週は頭出しにポンと仕事がきて、それからパタンと仕事がなくなった。どうしてもそのあたりも運次第なところがあってまだまだ不安定だ。その中で、いくつか協力体制を築けそうな方々との繋がりもできたし、今日のような広告媒体も見つけられたしで、ほんの少しホッとすることができた。

 

とりあえずね、あんまり「今日は用事ないからスタジオ行かないでも大丈夫」とかいう日は連発させたくないのだよ。

 

そんなわけで、なんだかんだと今日は仕事に繋がるお話をいくつかできてよかった。

 

ま、そんな1日でした。お疲れ様です!

 

追伸・たった今、大手企業の福利厚生のいっかんとして提携するフォトスタジオを探している、という会社から電話があった。会社員の福利厚生のひとつとして、写真撮影を希望するかた向けに紹介してくれる。とのこと。

いいお話だったが、提携するにあたって毎月4万円の支払いが必要、と言われた時点で終わった。4万円って…そんな毎月のように写真を撮って欲しい会社員がつめかけてくるわけもあるまいし、元が取れないじゃん。

 

とはいえ、ジモティー載せた途端に色々と連絡が入るな。まぁ慎重に選んで行こうと思う。

 

 

朗読イベント、迫る

さて、今度の日曜日は朗読イベントだ。

 

photostudiolimitedtime.com

 

毎度のこととはいえ、原稿が完成しない。

いちおう書き終わってはいるのだが、ちょっとした微調整がいつまでも続く感じ。

いつもね、本番ギリギリまでいじっている。

 

いやはや、久しぶりだな、朗読。

まだじゃっかん風邪ぎみなんであんまり練習すると咽喉を痛めるから、今日はあまり声には出さず、静かに読む感じで繰り返し練習。で、そのたびに少しずつ手直しを加えていった。

 

そんなに時間を割いている場合ではないのだが、やはり来てくれるお客さんがいると分かっているので、キチンと完成させたい、との思いもあり、延々と繰り返してこんな時間になってしまった。

 

 

今回は、「せっかくフォトスタジオでやる朗読会なんだから」、ということで、個人的にテーマを『写真』と設定。そのうえで2作品を用意させていただいた。

 

むかしから写真を題材にした作品は書いているのだが、写真やカメラというものにはどこか物語を作る力があるように思う。よく、『リンゴ』をモチーフにして作品を描く絵描きさんが多いのに似ている。たぶん、私にとっての『写真』が『リンゴ』の役割を果たしているのだろう。

 

もちろん、マニアックな機能の説明とかはしていない。飽くまでも現実世界とファインダー越しの世界の対比、みたいなものを中心にしている。

 

まぁ、それ以上は今ここでは書かないけど…。

 

何はともあれ準備を進めている。できれば多くのかたに聞いて欲しいと思う。

 

そんなわけで、お時間ある方がいらっしゃれば、是非!!

フォトスタジオのオーディオ

 

サンスイ Bluetooth対応CDステレオシステムSANSUI Hi-Fiオーディオ SMS-820BT

サンスイ Bluetooth対応CDステレオシステムSANSUI Hi-Fiオーディオ SMS-820BT

  • 出版社/メーカー: Sansui
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

今さらだけど、うちのスタジオに置いてあるCDプレイヤーをご紹介しておく。

高級オーディオではない。

ただ、フォトスタジオとして写真に写り込んでしまっても大丈夫なヤツ。

それを基準に選んでいる。

 

これもまた、今まで幾つかのスタジオにお邪魔した際、音楽はよく流れているのだがそれを写真という絵ヅクリで活用できるようなスタジオがなかったことから、購入の際すこし気をつけた。

 

最初はレコード関係にも選択肢を広げていた。ただ、私が所有している音源がCDが中心なので、今さらレコードのコレクションを増やすとなるとやたらと出費がかさむことから却下。で、CDプレイヤーを選ぶならちょっとレトロでヘンに悪目立ちしないヤツにすることに決めた。

 

うん、今のところ上手く機能していると思う。

 

けっきょくね、あまり高級なオーディオ機材が並ぶとゲストに変な緊張感を与えかねない。かといってあんまりチープなのもガッカリだ。ほどよいバランスが大事かな、と。

 

これからクリスマスシーズンを迎える。スタジオで流す音楽もそれらしい楽曲を選ぶが、利用いただくお客さんには出来る限り快適に過ごしていただきたいと思う。

 

A Dave Brubeck Christmas

A Dave Brubeck Christmas

  • 発売日: 2016/11/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

風邪が治らない

何故だかまったく風邪が治らない。

咳がね、ぜんぜんおさまらない。

 

昨日の撮影データを納品して、今日はおとなしく部屋で過ごした。

 

ついでに、いつの間にか1週間後に迫った朗読会の原稿をあれこれいじりつつ、時々チカラ尽きて寝る。そんな感じ。

 

しかし今日、奥さままで風邪でダウン。

 

移してしまったのだろうか…?

 

ちょっと心配。

 

奥さまは早々に病院に行った。

 

私は病院に不信感が強すぎてまったく行かないのだが、奥さまに移すぐらいなら行けば良かったかなぁと、ちょっとだけ後悔。

 

しかし、どう考えてもあの場所は風邪をもらいに行く場所であって、風邪を治しに行く場所とは思えないのだ。

 

病院という施設を持たず全国津々浦々を渡り歩くお医者さんっていないのかなぁ…旅をしながら病気を治すお医者さん。いても良いと思うんだけどなぁ…。

 

カメラマンでも、中にはいるみたいなんだよね、さすらいのカメラマン。

「何月何日は○○に向かいます。撮影希望の方はご連絡を」みたいな情報を発信しながら仕事を得て、旅までする。

楽しそうだが、無視され続けたらけっこうキツい。お医者さんも、同じく心配って事なんだろうなぁ…。

 

と、まとまりがなくなってきた。

 

今日はちょっと早めに寝ます。

 

それでは皆さんも風邪にはご注意を!

 

おやすみなさいませ。