高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

名刺

久しぶりに、名刺を作った。

 

撮影のお仕事での出会いは、物書きの時よりも多い。

まぁそりゃそうだ。

当然、机に向かってひたすら執筆しているのと撮影のたびに初対面のひととお会いするのとでは、名刺の減りも変わってくる。

 

何だかんだと宣伝がてら、名刺は持ち歩いていることが多い。

咄嗟のときに連絡先をお伝えするのも、余裕があればケータイで直接できるが、ひとごみだったり時間がなかったりだと、けっきょく今でも紙媒体は役に立つ。

 

で、毎度のことながら名刺を作るならそれなりのこだわりを持った名刺を作りたい。

 

私がこだわるのは2点。

ひとつは紙質。

ひとつは活版印刷

 

ペラペラな紙の名刺は、その名刺を持つ当人そのものをペラペラな存在に貶めかねない。別にやたらめったら高級紙にする必要はないが、あまりにも薄っぺらい紙質は避けたい。

加えて、印刷はプリントではなく活版印刷を用いたい。

活版印刷時代を知らない物書きの憧れみたいなものだ。

 

と、そんなわけで私が利用するのは、コチラ、

 

birddesignletterpress.com

 

 

バードデザインレタープレスさん。

 

活版印刷である以上、もちろん紙質もそれなりの厚みがある。

 

 

f:id:takatakakenn:20200923124707j:plain

名刺:photobytakakita

 

わざわざカメラ引っ張り出した。

 

f:id:takatakakenn:20200923124824j:plain

名刺:photobytakakita

 

前回の名刺より、わずかにフォントを大きくしてもらった。

そして、スタジオホームページのURLを追加することができた。

 

 

シンプルである、というコンセプトは変えなかった。

 

f:id:takatakakenn:20200923125133j:plain

名刺:photobytakakita

 

もう少しポップな要素を加えた方がとっつきやすい、とも思うのだが、別にとっつきやすい必要がないというか、たとえばファミリーフォトや保育園の運動会などをメインに撮影しているならまだしも、私の撮影対象は基本的に大人だ。

多少カッコいいぐらいがちょうどいい、との判断である。

 

 

さて、今回の名刺はどれくらいでなくなるだろうか?

願わくは、あっという間になくなってしまうほど新規のお客さまが殺到してくれることを祈る。そんな感じ。

 

それでは皆さま、お疲れさまです。

 

野菜ペースト

この夏に入るあたりから、我が家では私と奥さまの料理配分が少し変わった。

 

これまで「9:1」か「8:2」ぐらいで私が作ることが多かったのだが、最近では「5:5」かヘタをしたら「4:6」ぐらいで奥さまが作ってくれることが多くなった。

 

料理以外の家事はほとんど奥さまがやってくれているのであまり料理を作っていただくのは心苦しい面もあるのだが、もともと一人暮らしの長い私だ、お手伝いできる家事は沢山ある。バランスを取りながら、奥さまの負担にならないよう気を付けたい。

 

 

ところで、今みたいに料理の配分がほぼ同じになると、いま冷蔵庫の中に何があるのか、分からなくなることがある。これまでフツーに前夜の料理を振り返って冷蔵庫の中のストックを思い描くことができたのとは違い、「昨日の晩は奥さまが作ってくれたし、冷蔵庫の中に何があるんだろう?」と。

買出しに行く前に確認すれば済むことなのだが、なかなか以前の癖が抜けないらしく、スーパーに到着してから「あれ?」となることが多い。

 

で、先日たまたま買出しに行ったとき、野菜を買うにあたって分からなくなった。

「あれ? 冷蔵庫にグリーンリーフってあったっけ?」と。

 

分からないなら買わなければいい・・・とはいかない。もし買わずに帰ってきてやはりなかったという場合、再びスーパーまで買出しに行かなければならない。それは面倒くさい。よって、迷っても買わざるを得ない。

 

で、結果・・・

 

帰宅したところ、冷蔵庫には昨日買ったばかりと思しき新鮮なグリーンリーフが。

 

これ、けっこうなボリュームだ。

 

いつもサラダに使うとはいえ、ひとつの束を消費するまでに3日か4日はかかる。

 

しかも我々は「毎日かならず食事を家で摂る」というスタンスを理想としつつも、どうしても外食が間に入ったりもする。となると、ひとつの束をなくすのに1週間近くを擁する事態に。

 

そんな状態にもかかわらず、私はもうひと束、新鮮なグリーンリーフを追加購入してしまったわけだ。

 

さて、どうしたものか・・・

 

案の定、最初に奥さまが買ってくれたグリーンリーフは1週間近く冷蔵庫に君臨。

私の買ったグリーンリーフも手つかずのままに鎮座。なかなか減ってくれない。

 

次第に新鮮さを失っていくグリーンリーフ。しかも、先日からは奥さまと松本市に旅行に行ったりもして、ますます消費ペースは落ちるばかり。

 

しかし「ただの葉っぱ」をどうやって消費すればいいものやら・・・

 

なかなか思いつかない。

 

 

そんなこんなで、今夜ついに作ってみた。

 

野菜ペーストを。

 

 

野菜ペースト。作るのは簡単だ。葉っぱを水洗いして塩と少量の水を加えてフードプロセッサーやミキサーでペースト状にすればオシマイ。

 

ただ、その後のアレンジをどうするべきか・・・ちょっと迷う。

 

 

最も簡単なのはスープにしてしまうこと。次に簡単なのはパスタのソースにする。リゾットにも行けるらしい。ドレッシングという手もあるのだが、それだとやっぱりあんまり減らすことができない。すでに充分すぎるほど古びてしまったグリーンリーフだ、さっさと消費したい。

 

 

そんなわけで、今夜は野菜ペーストのスープに決定。

 

鶏肉と玉ねぎを炒め、野菜ペーストと水、胡椒、コンソメ、にんにく、バターを加えて煮込む。それだけ。

 

あら、簡単じゃん。

 

さっさと作ればよかったのに・・・

 

いやね、料理ってその時の瞬発力が大事じゃない?

 

「さあ、作ろう!」と思った時はすぐに作れるが、「なに作ろうかなぁ・・・」とか考えている時はなかなか動き出せない。

 

 

そんなこんなで、なかなか消費できなかったグリーンリーフは、無事にペーストとなって消費されましたとさ、めでたしめでたし。

 

 

それでは皆さま、お疲れさまでした!

mayaさんをご紹介

ホントは明日の投稿でも良かったのだが、先日1枚だけ写真を載せていただいたモデルのmayaさんを、改めてご紹介させていただく(3日前にそんなお約束をしたような気もするから)

 

 

f:id:takatakakenn:20200921125020j:plain

モデル:mayaさん photobytakakita



 

インスタであげた際に加工したので、ちょっといつもと雰囲気が違うのだが、これはこれでいい感じなのでそのままお載せする。

 

彼女は埼玉県の秩父のモデルさん。

わざわざ松戸までお越しいただいた。

 

 

f:id:takatakakenn:20200921125250j:plain

モデル:mayaさん photobytakakita



最近、スタジオ以外での撮影会を企画したい、との思いがある。

もちろん都内で開催するのもアリだが、同業他社がたくさんいる中、敢えてそこに踏み込まなくてもいいかな、との思いもある。

で、せっかくなら「ちょっとした日帰り旅行が楽しめる範囲で撮影会も」という企画を作りたい、と。

で、埼玉県の秩父といえば、観光地としても魅力がある上に、撮影のロケーションとしても都内では撮れないカットが狙えるのでは、と。

 

 

f:id:takatakakenn:20200921135312j:plain

モデル:mayaさん photobytakakita

 

 そんな中で出会ったのがこちらのモデルさん、mayaさんだ。

フットワークも軽く、撮影のためだけに秩父から気楽に松戸までお越しくださった。

 

今回の撮影で彼女のモデルさんとしてのポテンシャルも確認できたし、コミュニケーション能力の高さも分かった。次回、私が秩父に赴くカタチでロケーション撮影を試した後、正式に企画として立ち上げたいと思っている。

 

f:id:takatakakenn:20200921135302j:plain

モデル:mayaさん photobytakakita

 

ま、そんなわけなんで、そのうちコチラでもお知らせすることになると思うが、その際は皆さま、よろしくお願いいたします!!

松本2日目

さて、昨日お伝えした松本旅行の2日目だ。

 

この日はきちんと観光らしく動いた。

 

朝、ホテルを出ると、徒歩15分程の場所にある旧開智学校に。

 

 

f:id:takatakakenn:20200921084353j:plain

旧開智学校:photobytakakita

 

以前、美術系のテレビ番組で観ていたこともあり、今回の旅行で最も行きたいと思っていた場所だ。

 

令和元年9月30日の官報告示号外第126号(文部科学省告示第70号)により、正式に国宝に指定されました。

明治9年に完成した旧開智学校は地元の大工棟梁立石清重が設計した学校建築で擬洋風建築の代表です。文明開化の時代を象徴する洋風とも和風ともいえない不思議な建築は「擬洋風建築」と呼ばれています。

注目すべきは正面の車寄せ、この一点に擬洋風が凝縮されています。八角の太鼓楼と寺っぽいアーチの窓、青竜の上に雲がわきその上に二人のエンジェルが「開智学校」の旗を掲げています。文明開化時代の日本一の小学校「擬洋風建築」を見学して見てください。

1961年から国の重要文化財として指定されていますが、2019年に国宝に指定されました。

 

国宝旧開智学校校舎 | 新まつもと物語

 

 

と、簡単に別サイトの文章を引用しておくが、当時まったく洋風建築の知識などなかった棟梁が東京に出て見様見真似で造った建物として、非常に興味深い建築物だ。

 

校舎に入って最初に見た教室が印象深かった。黒板があり、小さな机と椅子が並べられ、壁際にはアップライトの古びたピアノ・・・当時の景色が思い描けた。

 

各教室がそれぞれに資料室として活用されていて、想像以上のボリューム。どれも興味深く拝見させていただきました。

 

もうひとつ、印象深かったのは、現在の開智学校の存在だ。旧校舎の近くに建つ現在の校舎もまた、旧校舎のフォルムを意識したツクリ。決して懐古趣味ではなく、それでもきちんと『開智学校』としての存在感を持った現校舎にはとても感銘を受けた。

 

 

ところで、旧開智学校の校舎のすぐ近くに、旧司祭館という建物があった。

 

旧司祭館について

旧司祭館は、明治22年フランス人の神父・クレマンによって建築された西洋館です。外壁の下見板張りは、遠くアメリカ開拓時代の船大工の技法を残す、アーリー・アメリカン様式の特徴を備えた貴重なものです。なお、この司祭館はセスラン神父が明治34年から27年の歳月を費やし、日本で初の本格的な「日仏辞典」を編纂しはじめた建物でもあります。

 

【旧司祭館】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

 

またまた別サイトから引用しておくが、こちらはあまりお客さんの姿もなく、のんびり見学することができた。

 

そしてね、ここ窓枠の色みが好き。ヴェランダ(「ヴェ」って表記してあった)が良い感じ。なんというか、フォトスタジオとして貸してほしいぐらい。

 

ほら、こんな感じ。

f:id:takatakakenn:20200921092746j:plain

旧司祭館:モデルは奥さま photobytakakita 

 

うん、いい場所。

 

 

サテ、開智学校周辺を見学し終わったのち、本当なら松本城も見て回りたかったのだが、混雑がひどかった。そう、今回の旅行で驚いたのだが、思っていた以上に観光客の姿があった。まぁ私と奥さまも出かけているのだからほかの皆さんだって出かけるだろう。しかも、それでも入場制限やらなんやらの規制がある。松本城、入場までの待ち時間、「90分」以上!

 

いやいや、さすがにそこまで待てません。

 

 

そんなわけで私たちはバスで10分ほどの場所にある「中町通り」に。

 

風情のある通りの左右には様々な店舗が並んでいる。川越とか金沢とかに似ているかな、ぶらぶらと移動しながら楽しんだ。

 

f:id:takatakakenn:20200921094348j:plain

中町通り:photobytakakita

 

f:id:takatakakenn:20200921094442j:plain

中町通り:photobytakakita

 

f:id:takatakakenn:20200921094534j:plain

中町通り:モデルは奥さま photobytakakita

 

ところで3枚目の写真、個人的に気に入っている。

家具屋さんの2階だ。たまたまほかのお客さんもおらず、なんとなく向かい側の椅子に座っていた奥さまを撮った。窓からの光の入り方や背景となった額の並ぶ壁とか、そして奥さまの表情とか・・・かなりいい感じ。

 

今回の旅行ではあまり撮影はしなかったのだが、この1枚が撮れたならもう満足。

 

はい、そんな感じ。その後もいろいろと歩き回ったし、帰りに松本駅で奥さまがピアノを弾いてくれたり、楽しい旅であった。

 

誰でも演奏できるピアノ 松本駅自由通路に登場 | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス

 

 

・・・なんか盛沢山だな。

とりあえず松本への旅、これにてオシマイ。

 

皆さま、お疲れさまでした!

松本1日目

さて、昨日は長野県の松本市に遊びにきていたのだが、なかなか充実した1日だった。

 

松本市に到着したのは午前11時。

 

松本音楽文化センターにて清塚信也さんのコンサートを聴いた。

 

Seeding

Seeding

  • アーティスト:清塚信也
  • 発売日: 2019/07/17
  • メディア: CD
 

 

クラシックからポップスまで幅広い選曲だったが、そんなことよりハナシ面白すぎ。エンターテイメントとしての見せ方にはちょっと感銘を受けた。

 

 

コンサートが終わってからその日の宿である松本丸の内ホテルに。

 

【公式】松本丸の内ホテル

 

 

老舗のホテルだ。そして、どこに行くにもアクセスが良い。

 

とはいえ、昨日はそれほど観光に時間を割くことなく、ゆったりと近場を回った。

 

古い、銭湯に行った。

 


f:id:takatakakenn:20200920081959j:image

 

番台のある銭湯なんて、ホント久しぶり。

ある意味すごく無防備な空間ではあるが、期待以上に快適な場所で、奥さまともども満足。

 

銭湯のあとは奥さまの友人からオススメされていたそば屋さんに。

 

そばきり みよ田 松本店 | ブランド | 王滝グループ

 

バツグンに美味かった。しかし、ここは絶対に予約しておいた方がいい。私たちは予約したから来店してすぐに入れてもらえたが、ふらりとやってきた方々は余裕で30分以上は待たされていた。行列のできる店、はからずも堪能させていただきました。

 

そして、この日の最後はバーの名店、コートに。

 

MAIN BAR COAT

 

 

こちらも奥さまの友人からのオススメ店だった。蔵造りの建物の2階にある本格的な飲み屋さん。

ジントニックは、深みと複雑な味わいが印象的であった。雰囲気も、悪くない。私が松本に住んでいたらあっという間に破産していただろう。

 

 

なんやかんやで、初日は観光地というよりは地元の老舗、名店を回って終了。充実の1日であった。

 

 

それでは皆さま、お疲れさまでした!

 

 

 

 

 

松本

実は今、長野県の松本市にいる。

 

またエラく遠くに…と思うかも知れないが、新幹線を使うと私の地元、大宮から長野まではナント1時間で辿り着く。

 

そこからさらに特急に乗り換えるのだが、それも、別に異様な長旅という感じはしない。むしろ、先日の高崎市までの料理撮影の方が遥かに遠く感じたぐらいだ。

 

で、そんなわけで今日は松本だ。

 

 

しかしまぁ、何故に松本?

 

実は、清塚信也さんのコンサートがあったのだ。

 

 

おっと。

 

これまで1度としてその名を挙げたことはなかった。ここ数年わりと有名になったピアニストだが、当然、別に私も彼のファンとしうわけではない。

 

たまたま、奥さまの知り合いがコンサートのチケットを購入した。で、コロナやらなんやらでコンサートの日程が変わった挙げ句、チケットが余った。

 

で、「行きませんか?」と、奥さまに問い合わせがあった。

 

で、「行きませんか?」と、奥さまから私にも問い合わせがあった。

 

で、「行こうかな」と。

 

 

そんな流れ。

 

 

いやはや、Go Toトラベル、利用しちまった。

 

今夜はこのまま松本泊だ。

 


f:id:takatakakenn:20200919164943j:image

 

そんなわけで、これからごはん食べに行って、飲み屋に飲みに行く。

 

松本観光のお話はまたそのうちに。

 

それでは皆さま、お疲れさまでした!

急遽、撮影

さて、今日は急遽、スタジオでの撮影があった。

 

昨夜ふと気になったモデルさんに連絡を取ったところ、「明日、行けますよ」とのこと。「ではお願いします」と、それで決まった。

 

なんとまぁ、彼女は秩父の方にお住まい。

 

松戸までは片道でも2時間以上だ。

 

 

凄いな、このフットワークの軽さ。

 

せっかくお越しいただいたのだから、コチラも本気で撮影させていただいた。

 

うん、なかなかいいカットが残せたと思う。

 

 

 

本当は撮影後、別案件ですぐに出なければならなかったのだが、予定より撮影がスムーズに進行したので1枚だけ編集できた。

 

こちら!

 

 

f:id:takatakakenn:20200918155149j:plain

モデル:mayaさん photobytakakita

 

 

 はい、もう時間ないです。

すいません、しかも明日あさってと私は外出します。

彼女の詳細は3日後のブログにて。

 

 

 

何はともあれ、本日の撮影も無事に終了。

 

それでは皆さま、お疲れさまでした!