高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

登山用品店

はい、昨日のブログで「山で撮影したい」とかなんとか、思いつくまま書き込んだわけだが、さっそく地元の登山用品店を覗きに行ってきた。

 

相変わらず動き出しは早い。

 

好日山荘 大宮店 | SHOP | 登山用品 アウトドア用品 好日山荘登山用品・アウトドア用品の専門店 好日山荘

 

好日山荘」…この手のお店に足を踏み入れるの、初めて。

 

全部で5階建て。1階と2階が用品店。ウェア関係を扱うフロアと靴やリュックといったアイテムを扱うフロアに別れている。

 

 

まず、お客さんがけっこういることに驚く。ただの偏見だが、もっとガランとしているものと思っていた。まぁこの方が入りやすくてありがたい。

 

そして、店内がキレイ。これもただの偏見だが、もっと小汚ないイメージ。

 

いったい登山というものにどれほどの偏見を持っているのやら…。

 

1階のウェア。これがイチバン分からない。山に入るといっても、雪山だ。普通の装備ではないのだろう。とはいえ、別に私は登山がしたいわけではない。まずは現地ツアーみたいなものでテッペンまで連れていってもらうつもりなのだ。寒くなければなんでもいい。

 

どういったバランスで、どれほどのモノを用意すればいいものか…。

 

困った時は店員さんに訊く。これもまた偏見でヘンクツなオジサンがやっているものと勝手に思い込んでいたが、オネエさんが対応してくれた。で

 

 

タクサンありすぎる。

 

 

 

予想はしていたが、なんにも持ってないところからイキナリの雪山は、ちょっと用意するものが多すぎる。

 

アンダーウェアから中に着るフリース、さらにアウター、足まわりも似たような感じ。これに靴下、手袋、帽子、サングラス、さらには靴…

 

 

もちろん、私の目的は伝えた。写真を撮りたいだけで山を登りたいわけではない。が、やはり山を登るのと同じ環境に身を置く以上、何があっても大丈夫な装備が必要だと…まぁそう言うだろうね、やっぱり。

 

となると、どこまで安く抑えられるかが問題になってくるわけだ。ひとつひとつのアイテムは、ピンからキリまである。

抑えに抑えれば何とかなるか…

 

 

 

結論。

 

何とかならない。

 

 

ダメだな、こりゃ。

 

 

どう頑張っても7、8万はする。

 

どう頑張っても、1度にそんな金は使えない。

 

とりあえず冷静になろう。

 

 

ということで、今度はお店の2階に。

エレベーターもあるのだが、何故だか階段を使わないと軟弱者と笑われそうな強迫観念に負け、頑張って階段を利用。なんだろう、フツーの階段だが、妙にトレーニングとかに使われてそうな階段…これもたぶん偏見。

 

 

でも、やっぱり2階もキレイで、優しいオニイさんが声を掛けてくれる。

うん、ありがたい。

 

 

ここでは主に靴を見て回る。数万円のものから1万をきるものまで、やはりさまざまな品揃え。思いの外アウトレットと書かれた商品もあったのだが、これB級品という意味ではなく、前のシーズンのモノ、とのこと。けっして粗悪品を安く売っているわけではないらしい。

 

 

とかなんとか、あれこれ店員のオニイさんからお話をうかがいつつ、けっきょくここも何も買わずに撤退。

 

 

うん、今日はいったん家に帰ろう。帰って作戦を練ろう。と、そんな結末。

 

 

で、パンフレットだけいくつか頂いて帰宅した。

 

 

こりゃ、イキナリ冬山はムズカシイな。

 

これから徐々にあったかくなってくることだし、まずは軽装でいける場所に星空の撮影に行く。で、その中でまだ山に魅力を感じたなら、アレコレ揃えて行く。それが健全だろう。そう結論付けた。

 

 

冷静になったな。

 

うん、いつも私は思いつくまま動くのでヘタをするとバカみたいな衝動買いに走る。自分でブレーキをかけられて良かった。

 

 

とはいえ「好日山荘」、名前は読みにくいが(こうじつさんそう)、入りやすいお店だった。3階より上は本格的なボルダリングの設備もある。まぁ絶対にそこには近づかないとは思うが、何はともあれ良い印象のお店であった。そのうちまた伺いたいと思う。

 

これからはじめる山歩き

これからはじめる山歩き

 

 

 

 

山岳写真

まぁいつものことではあるが、最近ふと山の写真が撮りたくなっている。

ホント、私はいつも脈絡もなく興味を持ち始める。

 

とはいえ、今回のコレは、いつものように「ふらりと行ってきた」とはいかない。

 

何しろ知識もなければ装備もない。

 

普段着で山に入ったらヤバいことになるのはたしかだ。しかも、目的は写真を撮ることであって登山そのものではない。そんなんで危険な目にはあいたくない。

 

 

実は、私の両親はふたりそろって登山愛好家だ。学生時代、ふたりとも登山部に所属していた。私も子どものころは毎週のように山に連れていかれた。

 

 

が、

 

まったく興味を持てなかった。

 

いろんな山のテッペンからの眺め…

 

区別がつかない…

 

山を登ること自体はたいして苦しくはなかったのだが、その先のよろこびを感じることができなかった。

 

 

で、大人になってからはまったく山に近づくこともなくなってしまった。

 

クルマの運転が好きではない、というのも山から離れていった理由のひとつかもしれない。曲がりくねった山道からガードレールを突き破ってクルマごと転落する自分を、ありありとイメージできるので。

 

 

はい、アウトドア、全般的に苦手デス。

 

 

と、そんな私が山での撮影に興味を持ってしまったわけだからサア大変。どうしたものか…。

 

星空も撮りたいが、雪山も撮りたい。

 

なにかいい手はないものか…。

 

ネットでごちゃごちゃ調べてみた。

 

 

ニュース・イベント|奥ダボススノーパーク

 

 

これ、かな…。

 

 

長野県上田市。山の麓から頂まで連れていってくれる。眺めは絶景。樹氷…スノーモンスター…到着してからの滞在時間およそ1時間。うん、行けそうな気がする…。

 

 

しかしまぁ、雪山に縁がなさすぎてまったくどうしていいか分からない。

 

けっきょくどれくらいの装備を準備すべきかも分からない。うちの親に訊いてみようかな。

 

サアどうなることやら。

 

そのうち登山マニアのようなブログを書くようになるかもしれないし、以後まったく山の話題には触れないかもしれない。

 

私も、私の今後を楽しみにしたい。

 

 

絶景 山岳写真入門 (玄光社MOOK)

絶景 山岳写真入門 (玄光社MOOK)

 
北アルプスの渓谷をゆく

北アルプスの渓谷をゆく

 
彩りを感じて―山岳写真同人四季写真集

彩りを感じて―山岳写真同人四季写真集

 

 

 

 

 

駅ピアノ

いつの間にやら奇妙なネーミングで呼ばれているようだが、駅ピアノとは、駅に置いてあるピアノのこと。誰でも自由に弾いてください、という意味で置いてある。

 

 

 

ときどき、YouTubeとかでスゴ腕のピアニストが演奏を披露して話題になったりはしているが、実際のところそんな場面に立ち会ったことはない。やはり海外のイメージが強い。国内ではあまり置いてある駅は少ないのだろうか。

 


France Paris フランス パリ 超絶技巧ピアノ パフォーマンス

 


神業!! フランスで偶然出会った旅行客のピアノ二重奏が美しすぎる

 

 

 

で、ちょっと調べてみた。

 

…うん、少ないね。

 

 

ただ、期間限定とかでなら、けっこう置いてある駅もある。まぁ調律やらのコンディションを保つのも大変だろうから、ずっと置きっぱなしというのも難しいのだろう。

 

とはいえ、もっと広まると良いな。

 

 

ピアノは、もっと色々な場所に置かれるべきだと思う。公園とか美術館とか…映画館とかで、上映作品のテーマ曲とか弾いてるヒトとかいたら、なんか良いな。とか思う。

 

思えばサイレント時代の映画館には普通にピアノが置いてあったみたいだよね。映像と演奏を合わせて楽しめるなんて、むかしの方が贅沢だったのでは?

 

 

あぁそうだ、いっそ駅ではなく電車の中に置いてあったら楽しいのに。ラッシュの時間帯は邪魔にしかならないだろうが、ちょっとした旅行とかで、乗り込んだ列車にピアノが置いてあったら、エラくテンションあがりそう。

 

実際、豪華なリゾート列車には置いてあるらしい。まぁあれは専属のピアニストが弾くためのものではあるが。

 

 

 

いまやジャズのピアニストでさえその音はクリアで整っている。むかしのようなゴツゴツとした演奏をするミュージシャンは少ない。子どものころから路傍にあったピアノを弾いて育ちました、なんていうミュージシャンの登場を促すためにも、駅にピアノを置くという発想はスバラシイと思う。

 

 

 


【即興演奏】品川駅で突然ピアノを弾き始める女性!人々の反応が面白いwww【ストリートピアノ】

バンドネオン

昨日ふと古いモノが好きみたい、とのハナシをした。加えて路面電車に乗ってきたこともあってか、ノスタルジックな気分になってみた。と、ウソかホントかなんてバレないだろうから書いてみた。

 

で、今日はノスタルジックなイメージの強い楽器、バンドネオンが大活躍のアルバムをご紹介。

 

 

穏やかな海 / Mare Calmo

穏やかな海 / Mare Calmo

 

 

いやはや、よくあったな、Amazon

というか、考えてみればこれ、国内盤が出てるのね。彼らがそんなに売れっ子とは思わないが、このあたり、日本の音楽界も捨てたもんじゃないね、と思ったりもする。

 

彼ら。

 

そう、このアルバムはバンドネオンとピアノのデュオ。

なかなか珍しい組み合わせだと思う。私としても、たんにHMVに遊びに行った際、偶然これを見つけて「お、珍しいね」、みたいな感じで買ってみた。なんとも衝動的だ。しかし、聴けばあっという間にこの組み合わせに魅了される。ホント、これだから衝動買いは止められない。


"Mare calmo" - Daniele di Bonaventura & Giovanni Ceccarelli

 

それにしても、よくまぁYouTubeにもあったもんだ。

そしてまぁ、よくもこんなに暗い曲だけ載せているもんだとも思う。たしかにこの曲もアルバムの中に入っているが、全体のイメージとしてはもう少し明るい。

 

イタリア生まれのふたりは、同じ州で生まれた同郷のミュージシャン。しかし初めて出逢ったのはパリ、とのこと。別々の道を歩みつつも、出逢うべくして出逢ったふたりは、音楽的な嗜好もピッタリだったらしい。すぐにデュオとしての活動を始めた。

 

そんな偶然の出逢いから生まれたデュオが作ったアルバムと偶然に出逢った自分、その幸運に感謝したい。

 

 

と、とりあえずここまでは真面目に書いてみたが、もう疲れたからやめる。

 

 

 

バンドネオンという楽器を見ていると、個人的にどうしても気になることがある。

 

 

なんかあれ、タイプライターに似ていないか?

 

 

なんでアコーディオンみたいに鍵盤ではなく、全部が全部ボタンになってるんだろう?

その時点ですでに楽器であることを放棄しているとしか思えないのだが。

というか、そもそもバンドネオンとは、本当に楽器だったのだろうか?

 

ついでにいうと暗号機エニグマにも似ている。あ、画像を貼りたかったのだが、さすがにAmazonでも扱っていないらしい…。

 

それはともかくとして、おそらくコヤツらはみな、親戚関係にあるのではないだろうか。

発している空気感が同じだ。

 

 

おそらくバンドネオンもタイプライターもエニグマも、もとを辿れば先祖は同じなのでは、なんてことを勝手に思っている。

タイプライターとエニグマは進化の過程で滅びた種だ。バンドネオンだけが楽器に進化したことでかろうじて生き残っているといったところか。

 

 

…相変わらずナンのハナシをしているのか分からない。ちょっと彼らの先祖の姿に想いを馳せてみたら楽しくなってきたからそのまま書き進めてみた。

 

 

ま、何はともあれバンドネオンがこれから先の未来も生き続けることを願うばかりである。

 

おしまい。

 

 

 

路面電車

路面電車の持つレトロな雰囲気が好きだ。

 

というか、どうやら私、全般的に古いモノが好きらしい。あんまり意識したことはなかったのだが、こうしてブログなんてものに投稿を続けていると、自分の好みの傾向が出てくるように思う。

 

で、まぁいつものことではあるが、ちょっくら東京さくらトラムに乗ってきた。都電荒川線ってヤツだ。

 

東京メトロ日比谷線三ノ輪駅で降り、迷子になりながらさくらトラムの駅に到着。なにしろ日比谷線から地上に上がった途端、ビミョーにへんな方角を指す看板の矢印にすっかり戸惑ってしまった。斜め右下って、どこ?

 

で、まぁ、駅3つ分ぐらい歩いて知らない駅に。とりあえずトラムは走ってるし、イチバン端っこの三ノ輪に行きたかったんで、そこから乗り込んだ。

 

…バスみたい。1両しかないし、乗り場に改札もない。車両内でSuicaをかざす。Suicaは使えるのね…。

 

で、数分後、都電三ノ輪駅に。

そのまま1日乗車券でも買ってふらふら散策を楽しもうかなぁ、なんて思いつつも、どうにも歩きたがるのが私。そこから線路沿いをひたすら歩く。

f:id:takatakakenn:20190217185855j:plain

東京さくらトラム  photo by takakita

 

けっきょくね、こんなふうに突発的に動く動機としては、写真でも撮りにいこうかな、との思いがある。今年はポートレート以外でも積極的にカメラを持ち出すようにしているのだ。

f:id:takatakakenn:20190217190047j:plain

東京さくらトラム  photo by takakita

しかし、こうして電車を撮るために線路沿いをうろうろするなんて、初めてのことだった。いわゆる撮り鉄さんたちのような撮影は、これまでしたことがない。機材を持って歩きまわるの、なかなかタイヘン。 まぁ、本格的な撮り鉄さんは、たぶんベストスポットをすでに知っていて、そこから一歩も動かないのかもしれないが。

f:id:takatakakenn:20190217190331j:plain

東京さくらトラム  photo by takakita

それにしても、いろんな車両が走っている。路面電車といっても普通に線路沿いは柵があるし、イメージするものとは少し違っていたが、それこそ桜の季節とかは周辺の景色とかも絵になるのではないだろうか。なんだかんだで1時間もあれば行ける距離なんで、またタイミングを見計らって遊びに行きたいと思う。

f:id:takatakakenn:20190217190621j:plain

東京さくらトラム  photo by takakita


 

 

湯西川温泉

すっかり投稿するタイミングを逸してしまったのだが、実は4日前のことだ。

 

ふと、湯西川温泉に行こう。

と、思い立った。

 

で、行ってきた。

 

日帰りで…。

 

 

湯西川温泉は、東武線ユーザーなら大々的に駅構内に貼られたポスター等で馴染みの方も多いと思うが、栃木県の日光近郊の観光スポットのひとつである。

 

日光旅ナビ

 

朝の8時には埼玉の春日部市に到着。そこから特急に乗って約1時間、栃木県の下今市に。そこからさらに電車を乗り継ぎ、10時半ごろに到着。およそ2時間半の旅だ。

 

とはいえ、有名な「平家の里」まではさらにバスに乗らなければならない。なかなかの旅程である。

 

が、私はなんの知識もナシに駅に到着したので、そのままフラフラと歩いてみた。

 

f:id:takatakakenn:20190214195804j:plain

湯西川温泉駅を出てすぐの景色  photo by takakita

 

 

結論から言うと、まぁ絶対に着かないから素直にバスにした方がいい。スゲー疲れた。

 

 

それはそうと、そもそもなぜ、私は湯西川温泉に向かったのか?

それは、自分の住んでいるさいたま市から、日帰りで撮影を行える限界の距離、みたいなものを自分で把握したかったのだ。

なので、温泉地に行きながら温泉にも入っていないし、観光スポットに立ち寄ることもなく、ただ駅近辺を歩き回ってその景色を撮影してさっさと帰る、という、ほとんど正気の沙汰とは思えない強行軍をやってのけたわけである。

 

正直、撮影のベストな時間帯を考えると、少しキビシイかもしれない。やはり昼の景色よりも、夜の方が美しさが増すように思う。まぁ翌日を完全に「寝込んで終わる日」として捨てる覚悟でのぞむなら、なんとか出来ないこともない、といったところか。

結果的に、やはりこの辺りが日帰りで撮影できる距離の限界ということだろうか。ある意味、目的は果たしたわけだ。

f:id:takatakakenn:20190213201543j:plain

湯西川温泉駅の近くを散策  photo by takakita

f:id:takatakakenn:20190214200346j:plain

湯西川温泉駅の近くを散策  photo by takakita





 

それにしても、今回は久しぶりに「旅をした」、という気分を味わうことができた。特に、下今市から湯西川温泉までの、どこかローカル線を思わせるのどかな路線は楽しかった。

 

f:id:takatakakenn:20190213200947j:plain

目的地途中、新藤原の駅にて photo by takakita

f:id:takatakakenn:20190213201205j:plain

途中、下今市駅の構内にて  photo by takakita

f:id:takatakakenn:20190213201339j:plain

途中、下今市駅の構内にて  photo by takakita



車窓に射し込む昼のひかり、風に揺れる木々、眼前に迫る山、橋梁の下の川は、見馴れた川とは違ってずいぶんと緑がかっていた。

旅に出ると、どうしてもすぐに目的地にたどり着こうと考えてしまう。

しかし、旅はその途中の道のりも含めて旅である。そんなことを思った1日であった。

 

f:id:takatakakenn:20190213201813j:plain

湯西川温泉駅のホームより  photo by takakita

 

 

 

 

チョコのテイスティング

さすがに結婚している身なので、バレンタインにチョコをもらえないという悪夢からは解放されている。世の中ではまだまだそんな悲劇に苛まれている方々が大勢いらっしゃると思うが、希望は捨てないでほしい。大丈夫、私だって結婚できたんだから。

 

 

…なんの書き出しなんだ、これ?

 

にんげん、歳をとればそんなものに左右されなくなる、というかそんな行事があったことすら忘れてしまう、というのが本当のところかもしれない。そもそもバレンタインもホワイトデーも、チョコレート業界の陰謀によって成り立っているだけなんだから。

 

 

…だから、なにを書いているんだ、私は?

 

 

自分がチョコレートをもらった数のピークは小学校の4年生であり、その後は減るいっぽうだったことに怨みがあるのか? 

それとも、放課後に呼び出しをされた挙げ句、その女の子から「これ、○○君に渡して」と言われたことを根にもっているのか?

それとも、せっかく本命らしきチョコをもらったのに、喜んで周りに自慢しまくったら、中に「みんなにはナイショね」と書かれていたことの衝撃がまだ忘れられないのか?

 

 

…怒濤の勢いだな。まさかバレンタインのネタでこれほど筆がすすむとは思わなかった。

 

 

何はともあれ、今年も無事、奥さまからいただきました。本当にありがたいことである。

 

ところで、今年のチョコはちょっとした趣向が凝らしてあった。ひとつひとつの原産国が違っていて、それを食べ比べてみよう、という狙い。キチンとそれぞれの特徴とかが書いてあることにも驚いたが、推奨温度やらチェイサーの水の必要性やら、四等分にカットしてその断面を観賞しようとか薫りを楽しもうとか…いやはやチョコレート、奥が深い。

 

どうしても、普段はパクパク食べてしまってあっという間に無くなってしまうのだが、今年はコレのおかげでひとつひとつ楽しむことができた。もちろん書いてあるとおりに味が分かる、なんてことはないが、それなりに区別はついてホッとしてもいる。

 

 

ロッテ ガーナミルク 50g×10箱

ロッテ ガーナミルク 50g×10箱

 

 

当然、自慢しているわけではない。

バレンタインの悪夢から解放された後に待っている現実を書き記すことで、今も世界中で苦しむ男性たちの夢となり希望となることを願っているのである。男性諸君よ、我々は仲間である。

 

…だから、なんのハナシなんだ、これ?

 

けっきょく最終的にはまったくまとまりを欠いた文章になった。よくあることだ。

 

何はともあれ奥さまに感謝を。

 

今年もどうもありがとう!