高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

梅雨寒

昨日はけっこうな梅雨寒でしたな。

 

寒いくせに動くと暑いっていう、なんとも厄介な感じがいかにも梅雨っぽいが、こんな天気の日は、部屋でこころ穏やかにワインでも飲んでぶっ倒れたいものです。なんてことを考えていた。

 

まぁ、別に「こんな日」じゃなくてもよくぶっ倒れているが…。

 

 

ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン (エクス・リブリス)

ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン (エクス・リブリス)

 

 

肌寒い日にワインが呑みたいと思うと、どういうわけかほぼ確実にこの本を思い出す。

 

まぁ、どういうわけかもなにも、酔っぱらいのアル中オトコの転落人生譚という、親近感湧きまくりの作品だったがゆえに、私の中に深く刻まれているのである。

 

しかも恐ろしいことに、歳を経るごとに、その親近感は増していくのだった。

 

おっと。

 

大丈夫なのか、私?

 

 

 

しかしね、この作品、ホントよく出来ているのさ。冒頭に人生崖っぷちの主人公を登場させたかと思うと、次の章からは時間を遡って過去のエピソードを綴っていく。そう、破滅に至る経緯が徐々に明らかになっていく構成だ。

 

目新しいかどうかではなく、その質そのものの高さを、もっと評価して欲しい作品だ。

 

 

著者のポール・トーディは、デビュー作の「イエメンで鮭釣りを」がわりと有名。「砂漠でサーモン・フィッシング」のタイトルで映画化もされた。ユアン・マクレガーとか出ていたわりには、日本ではあまり話題にならなかったようにも思うけど…。

 

 

イエメンで鮭釣りを (エクス・リブリス)

イエメンで鮭釣りを (エクス・リブリス)

 

 

だんだんハナシの収拾がつかなくなってきた。そもそも、なんのハナシだったか…

 

 

あぁ、肌寒い日にはワインだよね、と。

 

うん、数年前、とある寒い日の午後に、私は「ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン」を部屋で読みながら、ワインを飲んでぶっ倒れた。その記憶が強い。

 

食やお酒にまつわる物語を読みながら、それと同じものを実際に口にする…なんとなく、贅沢な時間だと思わないだろうか? 破滅の物語を読みながら一緒に破滅することが、贅沢かどうかはともかくとして。

 

 

そんなこと、よくやっていたよなぁ…なんてことを思う梅雨の晴れ間、なんだかんだと暑い午後であった。

シャッターストック

さて、昨日は雨の中あじさいの撮影に行こう! とか考えていたのだが、けっきょく面倒くさくなってやめた。

 

ほら、なにごとも思いきりで動かないと、すぐ面倒くさくなる。

 

で、何にもしないのもナンだから、ちょっくら過去の写真を「シャッターストック」なるストックフォトサービスに登録してみた。

 

ストックフォトサービス。

 

撮影した写真をサービス会社に提供して、その写真がサービス利用者に売れたら報酬を得られるというもの。うん、お金、欲しい…。

 

で、いくつかのサービス会社を覗いてみたのだが、「シャッターストック」なる会社がイチバン日本ではマイナーかつ、世界ではトップレベルである。との理由でこちらを選択。

 

というか、仮登録の段階で私のアドレスにキチンとメールが届いたのがここしかなかった、というのも大きな理由なんだけど…。

 

 

 

 

しかしここ、アメリカの会社なもんで、けっこう英語が多い。画像を送るまでの流れとかは問題ないのだが、その画像1点につき、5フレーズほどの英語の説明と7つ以上の関連キーワードを入力しなければならない。

 

英語、スゲー苦手。

 

もはや説明とか言われても、キーワードと重複するような単語を並べるしかなく、その単語の綴りもイチイチ調べないと思い出せないんで、けっこうな時間を要した。

 

しかも、初期段階で10点から15点の投稿がオススメ、とか出ていたもんで、素直に14点ほどチョイスしたら、いやはやトンでもなくくたびれた。

 

まぁね、この手のサービスがあることは以前から知っていたのだが、やっぱり最初が面倒くさいもんでなかなか手が出せなかったんだな。最近やたらと撮影に出掛けているし、それこそだいぶストックも増えてきたんで、ちょうどいい機会だったと思う。

 

 

売れる写真の撮り方ルールブック (玄光社MOOK)

売れる写真の撮り方ルールブック (玄光社MOOK)

 

 

 

まだなんの報酬も得てはいないが、調べてみたところ1枚あたり25円ほどになるらしい。ちょっと色んな場所で色んなことが書いてあるので定かではないが。

 

まぁとりあえず、

 

目指すは月1本のビールを!

 

ぐらいの感じだろうか。

 

 

そんなに売れるのか?

 

まぁ、なにかしらの動きがあった時はまたお知らせしたいと思う。

府中郷土の森公園(あじさい企画第3弾)

関東も梅雨に突入。

昨日は朝から曇り空。あまり撮影には適さない天気だった。

曇りでも、空の雲が陰影を持っていれば幾らでも撮れるのだが、のっぺりとした白い空は撮りにくい。とはいえ、晴れた日よりも色の乗りが良いのはこんな天候だったりもする。俯瞰で、色彩豊かな絵が撮れれば良いのだが…

 

なんてことを考えながら、府中にある郷土の森公園に。

 

いつものことながら、朝、目が覚めてから決めた。そしていつものことながら、フライング気味に到着してしまった。8時15分、郷土の森公園に到着。公園自体には入れるのだが、隣接する博物館、その敷地内にあるあじさいを求めた私は、そこから先に進むことが出来なかった。9時オープン。

 

「………」

 

 

またやってしまった。

 

リサーチ不足。

 

フツーに入れるものと思い込んでいた。

 

 

だから、調べてから行けって!

 

 

うん、わかってる。わかってはいるのだが、動きたいと思った時に動かないと、面倒くさくなってしまうのだよ。

 

 

 

はい、そんなわけで、昨日は府中にある郷土の森公園で9時オープンと同時に撮影してきた。

 

自動券売機で300円を払ってチケットを購入。入って歩くこと数十メートル、古めかしいレトロな建物とともにあじさいが群生。

 

おぉ、ようやく引きで撮れそうな場所! 

ちょっと喜ぶ。

しかし、この時点ですでに、入園者のほぼ9割りはカメラマンのかたがた。というか、まだ10人にも満たなかったが、1人しかカメラを持っていないヒトはいなかった。

 

あらら、久しぶりに有名な撮影スポットにやってきてしまったらしい。これはこれでやりにくいんだよなぁ…なんてことを考えつつも、レトロな建物自体が好きな私は、どんどん撮影していく。

 

 

f:id:takatakakenn:20190608184209j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183014j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183216j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183312j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 


それにしても、広大な敷地だった。

 

建物周辺だけではなく、水辺にもたくさんのあじさいが。またまたウロウロ…

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183424j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183516j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183609j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita


 

 

そしていつものように、迷子になる。

 

で、また最初の地点に戻る。

 

 

しかしただでは迷子にならない私。

 

こちらの古めかしい建物、いくつかは中に入ることが出来るみたいだ。

 

ということは…

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183702j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

はい、屋内から窓越しにあじさいを撮影できるのだ。

 

 

しかも、昨日みたいに曇の日は、屋外との明暗差が比較的ゆるやかで、黒潰れ&白飛びの心配が多少なりと軽減する。こいつはありがたい!

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183754j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

これこれ。ようやく撮りたいイメージの写真になった。

 

 

f:id:takatakakenn:20190608183925j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

今回のあじさい企画は、さくらや新緑の時とは違って、なかなか引いたカットが撮りにくかった。こちんまりとした花のサイズも影響しているとは思うが、なんだか「これ」という景色に出会えてなかったということもある。その点で、カメラ持参のかたが沢山いらっしゃるこの場所は、ある意味「絵になりやすい」環境が整っているのだろう。

 

2時間を程度の撮影。楽しく過ごすことができました。

 

 

 

 

f:id:takatakakenn:20190608184342j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

 

f:id:takatakakenn:20190609105849j:plain

郷土の森公園にて photo by takakita

 

メンタルクリニック

実はおととい、メンタルクリニックに行ってみた。初めての体験だった。

 

前からどんなところなのか興味はあったのだが、まさか単なる好奇心で行くわけにもいかず、ずっと「縁のない場所」だったのだ。

 

 

が、最近ちょっとストレスが溜まっているのが自分でも認識できるほどになってきたので、「じゃあ、行ってみようか」と。

 

 

最新版 自律神経失調症の治し方がわかる本 (こころの健康シリーズ)

最新版 自律神経失調症の治し方がわかる本 (こころの健康シリーズ)

 

 

ここでイチイチ細かい説明はしないが、例えば、世間一般でみればフツーのことが自分だけどうしても受け入れられない、なんてモノがあったらどうだろう?

 

こちらとしては「そんなことをしてしまったら人間としての尊厳を失う」ぐらいに思っているのに、相手からすると「ただのわがまま」ぐらいにしか思ってもらえないとしたら。

 

これ、けっこう面倒くさい。

 

そもそもの価値観がまるで違うのだから、歩み寄りがムズカシイのだ。

 

で、そんなこんなで精神的にくたびれた。

 

で、メンタルクリニックに行ってみた。

 

 

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

 

 

まず、前日に電話で予約を取ったのだが、「優しい」というのが第一印象。やはり、色々と気遣いの必要なお仕事なのだろうと勝手に推察。

とはいえ、「なら電話は止めてネットで予約させてくれればいいのに」なんてことを思ってしまったりもしたが、そもそもメンタルクリニックとは、専門医との対話で成り立つものとも思える。こちらが話さなければ何も始まらない。そのあたりのことを踏まえての、あえての電話予約なのだろう。と、これもまた、勝手に推察。

 

新版 適応障害のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

新版 適応障害のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

 

 

 

そして当日だ。やはり個室に通され、専門医を前に話をする。私としても、とりあえずまったく関係のない第3者に話を聞いてもらいたい、との思いがあったので、まぁよく喋る。喋りすぎだろってぐらいよく喋る。

 

問題点がハッキリしていること。解決したいとは思っていること。しかし、決裂するならそれも辞さないこと…けっきょく、最初から私の中でどうすべきか分かってはいるのだ。

ただ、決裂した場合のリスクやらを考えると、またそれがストレスになること、それでも私の側からその問題を受け入れることはないということ…話しているだけでがんじがらめだな、私。とか思いつつも、まぁとにかくたくさん喋って、その手の話なんてゴマンと聞いてきたであろう専門医から、何らかの言葉を得られれば…それが目的だったのかもしれない。

 

 

まず、専門医からは「薬などの投与によって問題を受け入れるという選択」について確認。

 

案外、コワイことをサラリと訊いてきた。

 

それって精神的な不快感や嫌悪感を薬などで抑制できるということなのだろうか? 

スゲーな、薬。

 

 

しかしそれはナシだ。そんなもので一時的に誤魔化したとしても、1度でもそれを受け入れてしまったという事実が残る以上、その問題は今よりも巨大なストレスと化す。後悔しか残らないだろう。

 

ということで、却下。

 

 

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法

 

 

 

けっきょくそうやって色々とお話していく中で、最終的には「診断書を出すのでそれを印籠として使う」…そんな感じに収まった。

 

まぁ収まるべき場所に収まった感じだが、診断書って、あんがい簡単にもらえるのね。

しかし、お話ししている間まるで作戦会議をしているようで楽しかった。いつの間にか、専門医と共謀して謀反を企てているみたいだった。

 

そう、けっきょくのところ、本来なら組むことのない誰かと妄想を膨らませつつ作戦を練る…ある種のストレス解消法と、言えなくもない。

 

言葉にすることの大切さ、そして言葉のチカラを改めて感じた。そんな1日だった。

 

 

あなたはあなたが使っている言葉でできている

あなたはあなたが使っている言葉でできている

 

 

 

なんかたくさん喋った影響からか、たくさん書いてしまった。まぁ何はともあれ、「物事は何とかなるもんだよ」との希望は失っていないので、何とかなるんだろう。

 

それでは。

 

 

 

指扇氷川神社(あじさい企画)

さて、実は昨日、大宮での用事を済ませた後、もう一ヶ所、撮影に向かった。

 

埼玉県の大宮駅から川越線で3駅。指扇。

地元のひとじゃないと最初、なんて読むかも分かりにくい。「さしおうぎ」と読む。

まぁ、指扇住まいのかたには失礼かもしれないが、けっこうなマイナーどころだ。

 

実を言えば、さいたま市住まいの私もこの駅に降りたのは初めてだった。

 

で、この指扇に何があるのかと言えば、氷川神社がある。

 

……氷川神社……

 

どこにでも沢山ある。

 

が、この指扇の氷川神社には、あじさいがあった。もう何年も前になるが、地域の方々が協力して植えたらしい。

 

サテ、どんなものだろうか…。

 

 

駅を出て、最初はどこに向かって歩けばいいのかよく分からなかった。駅前に、地図のようなものがないのだ。

 

しかし、ちょっとあたりを見渡してみると、「あじさい祭り」の文字が書かれたのぼりを発見。小さいけど進行方向を示した矢印もあった。

 

あとはもうね、こののぼりを頼りに進むのみ。ちょっと心配になるぐらいの絶妙な配置で、次なるのぼりが登場する感じだ。

 

歩くこと10分、住宅地の中、ひっそりと静まり返った神社があった。氷川神社だ。

 

 

まず目についたのは、小学校の花壇みたいな、小さな区画に咲いたあじさい。

 

…イヤな予感。

 

え? もしかしてこれだけ?

 

ちょっと心配になりつつ、あたりを見渡す。

 

 

何もない。

 

え? ホントにこれだけ?

 

 

いや、そんなはずはない。さすがにこれで「あじさい祭り」というのはヒドイ。「あじさいパーティ」としたってまだもう少しあるはずだ。そう、まだあるはずだ。何処かに。

 

 

境内を歩いてみた。本殿というのだろうか、小さな建物がある。そこをぐるりと回り込んでみると…

 

「あ、あった!」

 

 

ふぅ。

 

良かった。あじさい、ちゃんとありました。

 

 

 

f:id:takatakakenn:20190606181744j:plain

指扇氷川神社あじさい photo by takakita

 

おっと。

最初から飛ばしすぎだな。我ながらうつくしい1枚!

 

f:id:takatakakenn:20190606181641j:plain

指扇氷川神社あじさい photo by takakita

 

 

まぁそうはいってもね、住宅地の中にあるという時点で、風景としてあじさいを撮ることは難しいと判断。56mmの単焦点でひたすら寄る。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606182107j:plain

指扇氷川神社あじさい photo by takakita

 

 

f:id:takatakakenn:20190606182300j:plain

指扇氷川神社あじさい photo by takakita

 

 

それにしても、この日は天気がとても良かった。境内に射し込む光がうつくしい。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606183012j:plain

指扇氷川神社あじさい photo by takakita

 

 

 

f:id:takatakakenn:20190606183250j:plain

指扇氷川神社あじさい photo by takakita

 

暑い1日だった。これから梅雨だっていうのに、ほとんど真夏。ここまであじさいの撮影で太陽に頼り切ったカットを量産するとは思わなかった。

とはいえ、やっぱり太陽光って良いね。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606183956j:plain

指扇氷川神社あじさい photo by takakita

 

 

あ、最後に多重露光の1枚。たまにはこういうのもアリかな、と。

 

 

飛鳥山公園(あじさい企画)

今朝、やたらと早く目が覚めた。

で、せっかくだからふらっと撮影に出掛けた。

 

場所は東京都北区王子、飛鳥山公園

 

さくらの名所としても知られるが、この時期、電車に乗っていると線路沿いのあじさいに目を奪われる。

 

とはいえ、これまでこの駅におりたことはほとんどない。以前、友人が住んでいた時期に1度か2度、遊びに行ったぐらいだ。

 

 

まぁ正直ネットで調べても、こちらのあじさいは線路沿いに長く並んではいるが、たいして絵になる写真が撮れるとは思っていなかった。観賞するだけなら充分だが、撮影するとなるとちょっとキビシイかもしれない。とはいえ今日は9時から大宮で用事があったので、ささっと撮影してささっと帰れる場所、としてこちらを選んだわけだ。

 

 

で、到着。

 

 

王子駅のホームから、すでにあじさいの咲く沿道が見える。南口を出る。いきなり歩道橋があって、それを越えるともう、先ほどのあじさい通り。

 

サテ。

 

 

率直に言って、なかなか撮影はムズカシイ。なにしろ正面から撮るとほぼ朝陽が順光で当たる。そしてほぼ、正面から撮るしか撮りようがない。横からも狙ったが、イマイチぱっとしない(撮ったけど)。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606115402j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

うむ。

 

どうしたものか…

 

 

f:id:takatakakenn:20190606115503j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

 

とりあえず、行ったり来たり、通りを歩いてみる。何だかんだで、今シーズンやっと、まともにあじさいの咲いている場所に辿り着いたのだ。これで撮れないようでは今後もたいした写真は撮れない。気合入れていってみようか。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606115601j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

 

f:id:takatakakenn:20190606120205j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

 

で、行ったり来たりしている間に、朝の光がちょうどいい高さまで昇った。ふと上を見ると、うつくしい緑が風に揺らめいていた。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606115647j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

あぁ、これを背景に入れれば良いのね!

 

 

ということで、しゃがむ。

 

ファインダー、覗く。

 

おぉ、良いねコレ!

 

 

f:id:takatakakenn:20190606124720j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

 

今日も見つけたのだ。絵になる瞬間を。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606115903j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

 

うん、スバラシイ。

 

 

f:id:takatakakenn:20190606120049j:plain

飛鳥山公園あじさい photo by takakita

 

 

撮り終えると、時間はもうすぐ6時半。

 

そろそろ帰ろうかな。

 

 

けっきょく、現地に居たのは1時間とちょっとといったところか。まぁ、充分といえば充分だし、足りないといえば足りない。

とはいえ、そんな突発的な撮影でほかの予定をキャンセルするわけにもいかない。

 

そんなわけで、朝っぱらからの撮影はこれにてオシマイ!

 

 

それにしても、王子住まいのかたは何故だか皆さん気さくで、通りですれ違うと挨拶してくださるかたが沢山いた。なんだか心穏やかな早朝撮影になりました。

 

声をかけてくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

 

清水公園

さて、昨日は夕方になって清水公園に撮影に出掛けた。当然、目的は短期集中型撮影企画として、あじさいを狙いに行ったわけだ。

 

まだ早い。慌てることはない。

 

そう思いつつも、とりあえず「もしかしたらいい絵が撮れるかも」との期待も少しはあって出掛けた。

 

が、

 

やっぱり早い。

 

ほとんどない。というか、ほぼまったくない。

 

困ったな。

 

この前も大宮第2公園で失敗してるしな。

 

あんまり連発して空振りに終わりたくないな。

 

というわけで、あじさいにはこだわらず、絵になりそうなものがあれば何でも撮ろうと、そう切り換えて歩きまくった。

 

 

しかしまぁ、そんな場面に出くわすことも少なかった。

 

そもそも、「絵になる」とはなんなのか。

 

例えば、日常の言葉のやり取りの中でも、「絵になるねぇ」という言葉を口にすることもあるとは思うが、そういう瞬間って、頭のなかに本当に「絵」が出来上がっているのだと思う。それは無意識かもしれないし、普段の生活のなかでは実感できないかもしれないが、直後にファインダーを覗いた時のみ、明確に認識できる。なにしろ「絵になる」と思って頭のなかでイメージしていた景色が、目の前に実物としてあるのだから。

 

 

f:id:takatakakenn:20190604213800j:plain

清水公園にて photo by takakita

 

 

だから写真において私が「絵になる」という場合、まず頭のなかにひとつの「絵」が思い描けていること、そしてそのイメージ通りの「絵」が、ファインダーを覗いた瞬間に、キチンと「絵」としてそこに収まっていること、そのふたつの像が重なった時、ひとつの「絵」は完成する。と、そんなふうに考えている。

 

おぉ、なんか私、スゴいひとっぽい!

 

 

 

で、そんなこんなで清水公園

 

 

少ない…。

 

 

f:id:takatakakenn:20190604214009j:plain

清水公園にて photo by takakita

 

 

どうしようかなぁ…。

 

 

f:id:takatakakenn:20190604214205j:plain

清水公園にて photo by takakita

 

暗くなってきたなぁ。

 

 

f:id:takatakakenn:20190604214300j:plain

清水公園にて photo by takakita

 

 

そろそろ諦めて帰ろうかなぁ。

 

そう思った瞬間だった。

 

「あ、あった」

 

 

そう、あったのだ。小さいが、あじさいが。

 

 

しかもそれは、水辺に咲くあじさい。水面には、夕暮れ迫る空の色合い。そして幾本かのあじさいの中に、ひとつだけ、色彩を帯びた1輪が。

 

「これだ!」

 

 

f:id:takatakakenn:20190604214606j:plain

清水公園にて photo by takakita

 

 

 

私は突如としてシャッターを切りまくった。メインとすべきあじさいとその他のあじさいが重ならないように、位置を調整。横構図、縦構図、画角の模索、水辺の奥に浮かぶ蓮の葉を入れるかどうか、ストロボ、使う?

 

 

f:id:takatakakenn:20190604214355j:plain

清水公園にて photo by takakita

 

 

…様々な微調整を繰り返し、完成度を高めていく。ファインダーを覗いた瞬間に出来上がっている「絵」はあるのだ。あとは微調整に微調整を繰り返すのみ。

 

「出来た!」

 

 

f:id:takatakakenn:20190604214450j:plain

清水公園にて photo by takakita

 

 

 

まるで天空に浮かぶようでもあり、水底から空を見上げるようでもあり…明らかに、それ以前に撮っていた写真とは違う。と思う。

 

 

これだよこれ!

 

あぁ良かった。

 

こういった写真にかんしては、花が満開かどうかなど関係ない。これこそがベスト。

 

と、自己満足しまくっている。まぁ、正直うえの3枚、どれも好きだけど。

 

 

ふぅ…。

 

やれやれ、なんとかひとつはモノにすることができた。

 

こうしてわずかではあるが満足を得た私は、帰りの電車に乗り込む前に、近所のラーメン屋さんでビールを飲むことが出来ましたとさ。メデタシメデタシ。