高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

音楽

清水西谷

先日のモーションブルー横浜でのSHANTIのライブで、ストリングスを担当していたデュオユニット、「清水西谷」のアルバム。 KODO アーティスト: 清水西谷,清水泰明,西谷牧人 出版社/メーカー: CAPITAL VILLAGE 発売日: 2015/11/11 メディア: CD この商品を含…

モーションブルー横浜

http://www.motionblue.co.jp/artists/shanti/ さて、昨夜は横浜であった。モーションブルー横浜であった。久々に、ゴージャスな夜であった。 SHANTI sings BALLADS [UHQCD] アーティスト: SHANTI 出版社/メーカー: 日本コロムビア 発売日: 2016/12/21 メデ…

さよならクルマ

ちょっと早いが、投稿させていただく。 これから、クルマを引き取ってもらいに行く。今年の2月に車検を終え、夏を迎える直前に修理にも出したクルマだが、正直このまま持っていても負担になると判断した。 特に、ここのところの生活パターンからすると、す…

ストーミーウェザー

台風の影響か今日は関東でもだいぶ風が強く吹いておりまして、まぁ出来るなら外出なんてしたくないなぁ、というわけで私は部屋に引きこもっていたのだが、考えてみればここのところ、別に台風が来ていようがいまいがどっちにしろ暑くて引き込もっているから…

新海誠監督

今朝、たまたまネットニュースを覗いていたら、新海誠監督のインタビュー記事が載っていた。 まぁ現在『天気の子』が上映中だし、いろいろとメディアには出ているのでなんとなく読んでいただけなのだが、ふたつほど印象的なコメントがあった。 ■雨は美しいも…

セシオン杉並ホール&阿佐ヶ谷コルク

furani web 昨日は奥さまと一緒に、奥さまの先輩であるピアノ&ヴォーカリストのfuraniさんのライブコンサートに。 場所はセシオン杉並ホール。初めて行った場所だ。500人を越える収容人数。区のホールとしては規模が大きい。 そしてライブそのものも、18人…

淡麗グリーンラベル

突然だが、キリンの淡麗グリーンラベルのCMが個人的に好きだったりする。 淡麗グリーンラベル 「GREEN JUKEBOX 雪」篇 60秒 以前にもほんのちょっとだけ触れたことがあるが、舞台「サロメ」を観て以来、私は多部未華子さんを天才だと思っている。単純に可…

夏空

今日の日中、さいたま市はすっかり夏空だった。 ということで、暑すぎ。 洗濯物の乾きがスゴイ! ほとんどミイラみたいになっていた…。 夏空 photo by takakita ところで、夏の雲って何故、いかにも「夏の雲」って姿をしているのだろうか? 積乱雲みたいなモ…

アクアパッツァ

note.mu さて、昨夜は久々にアクアパッツァを作ってみた。 とはいえアクアパッツァ、気取った名前のわりにたいしてムズカシイ料理ではない。たんに魚の煮込み料理だ。 まぁ、たまたま白ワインが残っていたから魚料理にしようかな、というシンプルな発想。 と…

交響楽団チガイ

先日、初めてその演奏を聴かせていただいたチェロの新倉瞳さん。 その彼女が、来年の3月にコンサートを行うという。場所は東京オペラシティホール。 共演は東京交響楽団。 この情報を得たとき、私は思った。 あ、知り合いが新倉さんと共演するんだ! と…。 …

ハクジュホール

サテ、昨日は奥さまと一緒に代々木公園近くのハクジュホールに遊びに行ってきた。 瞳 写×音|ハクジュホール 写真家の山岸伸さんと佐藤倫子さん、チェロの新倉瞳さんとアコーディオンの佐藤芳明さん、つまりは写真と音楽のコラボレーション企画というわけだ…

著作権

先日のニュースで、ジャスラックの職員がとある音楽スクールに生徒として入会し、裁判の場に証人として出廷した、との記事を見た。 ジャスラック。日本音楽著作権協会。 ジャスラックの著作権うんぬんの問題は以前から色々と巷で議論されているようだが、今…

アファナシエフのベートーヴェン

はい、せっかく車が治ったので、昨日は少しドライブを楽しんだ。 というわけで、久々の音楽ネタ。 昨日のドライブのお供は、なんとベートーヴェン。 おそらく、私が初めて個人として認識したクラシックの作曲家であり演奏家だ。 ベートーヴェン:悲愴・月光…

ロータス・ブロッサム

蓮を撮影したからか、先日から頭のなかでこの曲のメロディが繰り返し再生されている。 「ロータス・ブロッサム」 ロータス(蓮)、ブロッサム(咲く)みたいな意味。 トランペット奏者、ケニー・ドーハムの名曲として有名。 静かなるケニー アーティスト: ケ…

ドライブ

日頃、まとまった時間のドライブをしていない。乗っても15分がいいところ。30分以上ともなると年間でも1度か2度あるかないか…それ以上だとほぼデータがなく、おそらくショートする。何がショートするのかは分からないが、何かがショートする。ウォーズマン…

tomoca

はい、週に1度ぐらいは挟み込みたい音楽ネタ。とかいうほど別に絶対って感じではないが、何はともあれ今日は音楽ネタ。 オーボエ奏者のtomocaという女性をご存じだろうか? 先日、テテ・モントリューというピアニストの記事を書きながらつらつらとネットを眺…

テテ・モントリュー

さて、ときどき書きたくなる音楽ネタ。 今日の主役はついに登場、テテ・モントリュー。スペインの盲目のピアニストにして、私がもっとも好きなジャズミュージシャン。 なんというかね、音がカッコいい! ピアノの音がカッコいいもなにも、みんな同じじゃん? …

ジャズでフェードアウトすることの罪

はい、たまには音楽ネタ。 とても個人的な意見なのだが、ジャズという音楽ジャンルに於いて、フェードアウトで終わるということは完全にアウトだと思っている。 アルバムを買って、どんなに気に入った曲がたくさんあったとしても、1曲でもフェードアウトの…

節約

最近、やたらお金がない。 という現実にぶち当たり節約生活を余儀なくされているのだが、まぁ考えてみればここ数年、収入に対してお金を使いすぎているのは確かなわけで、たまにはそんな節制も楽しいじゃねぇか、なんて強がっているわけである。 うん、ない…

ジャズフルート

オパス・デ・ファンク アーティスト: ジュニア・マンス&フランク・ウェス,マーチン・リベラ,ジュニア・マンス,フランク・ウェス,アルビン・クイーン 出版社/メーカー: TDK 発売日: 1993/08/25 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る オーパス・デ…

再会

この前の土曜日、ふたりの旧友と再会した。 ふたりとも、つい先日までアメリカに暮らしていた。ひとりは完全帰国。ひとりは一時帰国だ。 ひとりは6歳年上で、しかし出逢った日から尊敬すべき呑み仲間となった男性。こちらが完全帰国。 ひとりはぐっと年下だ…

さくら撮影企画を終えて

ホンキのさくら撮影企画より photo by takakita さて、ここ2週間ほど、さまざまな場所でさくらを撮影してきた。 ここまでホンキでひとつの被写体に向き合ったこともなかったので、たいへん勉強になる企画だった。 ホンキのさくら撮影企画より photo by takak…

スターツおおたかの森ホール

実はおとといの日曜日の午後、千葉県にある流山おおたかの森にて、奥さまがピアノを弾いていた。 「スターツおおたかの森ホール」という、つい最近になって出来たばかりのホールだ。 500人ほどが収容できるらしいが、とてもシンプルでセンスのいいホール…

アルバムを通して聴くということ。

Elegiac Cycle アーティスト: ブラッド・メルドー 出版社/メーカー: Nonesuch 発売日: 2005/08/23 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る 今の時代、アルバムを通して聴くことがどれだけ珍しいことか、ふと思うことがある。 ダウンロード全…

ピープル・タイム

先日、Facebookにて、とある友人が「こんな日はスタン・ゲッツとケニー・バロンのピープル・タイムだよねぇ」なんてことをつぶやいていて、「いったいどんな日なんだ?」とのことで、私もCDラックからアルバムを引っ張り出してみた。 ピープル・タイム アーテ…

フクモリ

pianona アーティスト: 中島ノブユキ 出版社/メーカー: フクモリ 発売日: 2011/06/15 メディア: CD 購入: 2人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (1件) を見る まあ、相も変わらず古いアルバムだ。 以前、まったく彼に対する知識もないままに、直感的に「…

歌姫

昨夜は北参道のストロボカフェなるライブハウス、というかライブカフェ、というか、括りはよく分からないが、そんなお店に出向いた。 北参道ストロボカフェ 女性ヴォーカル、ベース、ピアノ、というシンプルな編成でのライブ。 演奏陣が素晴らしく、楽曲すべ…

グリーンブック

昨夜、さいたま新都心の映画館にて「グリーンブック」を観た。 【映画パンフレット】グリーンブック 監督 ピーター・ファレリー アカデミー賞作品賞 出版社/メーカー: 東宝 メディア: この商品を含むブログを見る つい最近アカデミー賞の作品賞を受賞したば…

春のごとく

昨日、宣言通りに「パスタ プリマヴェーラ」を夕食としてつくったので、今日からはもう春として過ごしている。 関東は風が冷たいし、関東より北の方は、まだ春とすら感じてもいないのだろうが。 それでも、せっかくなので今日は春のスタンダード、「It Might…

被写体としてのアコーディオン

ここ数日せっかく部屋にアコーディオンが転がっているんだし、今のうちに撮影してみようか。とのことで、今回は久々のブツ撮り。 とはいえ商品撮影ではないので、真っ白な背景紙を用意する必要はない。 たぶん、晴れた日の午後とかの方がそれなりの雰囲気に…