高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

交響楽団チガイ

先日、初めてその演奏を聴かせていただいたチェロの新倉瞳さん。

 

その彼女が、来年の3月にコンサートを行うという。場所は東京オペラシティホール。

共演は東京交響楽団

 

 

この情報を得たとき、私は思った。

 

あ、知り合いが新倉さんと共演するんだ!

 

と…。

 

 

私の奥さまの同級生で、同じ音大卒のかたに、ファゴット奏者の男性がいる。実は現在の住まいも近く、私と奥さまの結婚式にも参列いただいた。私も2度ほど一緒に飲ませていもらっている。

 

その彼が在籍するのは、東京都交響楽団

 

 

…さて、違いに気づいただろうか?

 

東京交響楽団東京都交響楽団

 

「都」の文字があるかないかで違うのだ。

 

 

紛らわしい…。

 

 

 

すっかり彼のファゴットと新倉さんのチェロ、両方を聴けると思った私は、来年の3月28日という、正直まだ予定が立たなすぎてよく分からないチケットを、奥さまも誘って購入してしまった。

 

交響楽団チガイに気づいたのは2日後のことである。

 

 

あぁしまった! 

 

東京交響楽団に知り合いはいない!!

 

 

とはいえ、もはやチケットの払い戻しは出来ないし、せっかく行くのだから楽しまなくてはならない。

 

そんなこんなで、主役である新倉瞳さんについて、少し調べてみた。

 

まぁ、おおよその予想どおり、ルックスで売り出されてしまっていた。経歴としては充分すぎるのに、クラシック界のこの売り方、確実に演奏家の価値を貶めるからやめた方が良いと思うのだが…。

 

 

新倉瞳/祈り〜チェロとハープ珠玉の名曲集

新倉瞳/祈り〜チェロとハープ珠玉の名曲集

 

 

ご当人も何だかんだでモヤモヤを抱えていたようで、スイス・チューリッヒに移住。数年間、アルバムの発表もなかった。

現在も拠点はそちらのようで、両国間を往き来しながら活動しているらしい。

 

 

新倉 瞳/エルガー:チェロ協奏曲

新倉 瞳/エルガー:チェロ協奏曲

 

 

余談だが、チェロという大きな楽器を持っての飛行機の移動はタイヘンなようで、自分の席の他に楽器の分の座席も確保しなければならないらしい。常にふたり分の飛行機代…確かにタイヘンだ。

 

 

トリオ・ドゥ・ラヴァンチュ-ル(新倉瞳・赤坂達三・斎藤雅広)

トリオ・ドゥ・ラヴァンチュ-ル(新倉瞳・赤坂達三・斎藤雅広)

 

 

 

以前にもお話ししているが、クラシックにかんしては、私は完全な素人だ。楽曲がどうこうとかは分からない。音色の細かいニュアンスの違いも、たいして分からないと思う。それでも、チェロの音はキライじゃない。

 

音さえ好きならば問題ないだろう。

 

 

そして、blogやFacebookTwitter等のコメントを拝見させていただいたが、親近感の持てるキャラクター。うん、たぶん大丈夫そう。

 

 

なにしろコンサートは来年の3月だ。まだまだ時間はある。それまでには、もう少し彼女についてもチェロについても詳しくなるのではないかと、そんな期待もしている。

 

 

しかしまぁ、ホントにずいぶんと先のスケジュールが埋まったもんだ。

チケット、なくさないようにしよっと!

 

 

そして最後にもう一度いわせて欲しい。

東京交響楽団東京都交響楽団、紛らわしすぎでしょ、ホント!

ハクジュホール

 

サテ、昨日は奥さまと一緒に代々木公園近くのハクジュホールに遊びに行ってきた。

 

 

瞳 写×音|ハクジュホール

 

 

写真家の山岸伸さんと佐藤倫子さん、チェロの新倉瞳さんとアコーディオンの佐藤芳明さん、つまりは写真と音楽のコラボレーション企画というわけだ。

 

 

この企画、個人的にとても興味があった。

私が文章と写真をメインにしていること、奥さまを含めて私の周りには演奏活動に携わる人がたくさんいること、前々から何か企画したいな、とは考えていたこと…その具体的なカタチとして参考になりそうかな、と…。

 

 

MICHIKO 2018 ワタシテキ――佐藤倫子写真集

MICHIKO 2018 ワタシテキ――佐藤倫子写真集

 

 

ふたりの写真家が1年間かけてふたりの音楽家を撮影し、その写真とともにコンサートを行う。企画の主旨はそんな感じ。

 

 

とはいえハクジュホール、規模がデカイ。

 

フツーに写真を展示したのではまともに見ることはムズカシイ。

 

そんなわけで、ステージ後方でのスクリーンによる映像展示。

 

見やすい。

 

本物のプリントも、数点だがロビーの方に展示してあって、個人的にはお目当ての作品を観ることが出来て満足。

 

 

新倉 瞳with佐藤卓史 俊英たちの瞬間(とき)

新倉 瞳with佐藤卓史 俊英たちの瞬間(とき)

 

 

山岸さんのポートレートはあからさまな作為がなく、とても自然なライティングなのにどこかドラマチックで、むかしから好きな写真が多い。今回も、とてもうつくしい写真を堪能させていただいた。

 

そしてもうひとりの写真家、佐藤倫子さん。山岸さん自身もおっしゃっていたが、山岸さんのポートレート作品だけよりも、佐藤さんの作品が入ることで、アート的な要素が増した印象。

 

演奏が始まる前、お二人の写真家によるちょっとしたトークタイムがあり、ウラ話的なネタも聞くことができて楽しかった。

 

 

Cinq Lignes

Cinq Lignes

 
人生のメリーゴーランド

人生のメリーゴーランド

 

 

 

そして本番、演奏と写真。ステージ上での演奏と同時に、背後のスクリーンに写真が掲示されていく。大きな画面でのスライドショーとともに聴く生演奏、といった感じかな。

 

あるいは、昔々のサイレント映画のイメージだろうか。音のない映像に合わせて、その場で音楽家が演奏している感じ。

 

 

演奏も、クラシックのみならず、様々な要素のジャンルが入り混ざったステージでとても楽しめた。正直、新倉瞳さんのことは存じておらず、今回は山岸さんの名前でチケットを購入したのだが、別の機会かあればまた聴きに行きたい。

 

 

 

 もう少しホール全体を使ったプロジェクションマッピング的な演出があっても良いように思った部分もあったが、なんだかんだで「落ち着いてゆっくり楽しみたい」という多くのお客さんにとっては最適な演出だったのではないだろうか。

 

全体的にクリエイティブな「刺激」よりは、リラックスした「癒し」をもらったイベントでした。

 

何はともあれ、奥さまと楽しい時間を過ごせた。ありがとうございました。

 

著作権

先日のニュースで、ジャスラックの職員がとある音楽スクールに生徒として入会し、裁判の場に証人として出廷した、との記事を見た。

 

ジャスラック日本音楽著作権協会

 

 

ジャスラック著作権うんぬんの問題は以前から色々と巷で議論されているようだが、今回のように密偵じみた策略を講じてくること自体、彼らに「自分たちの徴収方法は誰からも納得されていない」という自覚があることの表れであり、そのへんのところをまず、キチンと解消すべきではないのだろうか。

 

 

よくわかる音楽著作権ビジネス 基礎編 5th Edition

よくわかる音楽著作権ビジネス 基礎編 5th Edition

 

 

…なんて、ちょいと今日は真面目な感じで始めちまったが、この問題、私にとってはわりと身近な話なので、どうにも気になるのだ。

 

今回の記事によると、ジャスラックの職員は、音楽スクールに「主婦」として入会し、およそ2年間、ヴァイオリンの上級クラスでのレッスンを受講していたそうだ。そのレッスンの中で、著作権問題に引っ掛かる曲の演奏があった、とのことを証言するらしい。

 

 

以前からこちらのblogではご紹介しているが、私の奥さまも、音楽スクールでピアノの講師としてお仕事をしている。

 

もし、自分の教えていた生徒がスパイ目的で習っていたなんて知ったら、とてもショックだと思う。

日ごろ奥さまとの会話の中で、生徒さんたちのことはたびたび話題となる。「○○さんのこのへんが上手くできればスゴく良くなるのに」とか、「○○さんはいつも頑張ってるんだよ」なんてことが日常的に話題になっているのだ。それだけ奥さまは生徒さんひとりひとりのことを大事にしているし、どうすれば上達するか、どう伝えれば分かりやすいのか、つねに考えている。

 

それを知っている立場からすると、今回の件は明らかに裏切り行為であり、恥ずべきことだと思うわけだ。

 

密偵として入り込んでいたかたとしては、自分は自分の仕事をしただけ、との考えなのかもしれないが、そもそも仕事なんてもので人間としての尊厳を失うべきではない。

 

よくわかる音楽著作権ビジネス 実践編 5th Edition

よくわかる音楽著作権ビジネス 実践編 5th Edition

 

 

なぜにジャスラックがこれほど世間的に叩かれているのかというと、思うに、

「誰のために著作権を管理しているのかが分からない」

という点に尽きるのではないだろうか。

 

著作権にかんしては、管理会社よりもまず、著作権所有者の意見が優先されるべきだと思う。音楽スクールや喫茶店、barなどで使ってもらうことを問題と思っていない(あるいは大歓迎という)所有者の楽曲なら、フツーに使用は認めるべきだし、逆に、それに対しても厳格な著作権を求める所有者の楽曲には、キチンと相応の使用料を課すべきだ。仲介に入っているだけの協会が強硬な手段に出るからややこしくなるのだし、角がたつのだ。

 

そのあたり、最初の契約時に音楽家と取り決めを結ぶことが出来ればいいのに、とは思う。

 

そうじゃないと、そのうち町で流れる音楽はすべて著作権の効力が切れた古い楽曲ばかりになってしまうかもしれない。実際、ここ数年やたらと居酒屋で古いジャズが流れるようになったのは、そのあたりも影響しているのではないかと、密かに勘ぐっている。

 

 

 

すでに存命でないかたの楽曲も含めて、そろそろ仕組みそのものを考え直す時期にきているのではないかと、そんなことを考えさせられたニュースであった。

 

うん、真面目だな、今日は。

 

ちょっと疲れた…。

 

皆さまも、お疲れさまです。

 

 

アファナシエフのベートーヴェン

はい、せっかく車が治ったので、昨日は少しドライブを楽しんだ。

 

というわけで、久々の音楽ネタ。

 

 

昨日のドライブのお供は、なんとベートーヴェン

 

おそらく、私が初めて個人として認識したクラシックの作曲家であり演奏家だ。

 

 

ベートーヴェン:悲愴・月光・熱情

ベートーヴェン:悲愴・月光・熱情

 

 

 

いや、もしかするとベートーヴェンうんぬんではないのかもしれない。この、アファナシエフというピアニストこそが、私が初めて個人として認識したクラシックのピアニストといえるのかも、しれない。

 

なにしろね、音がカッコいいのだよ。ネットとかでマニアックな情報を拾い集めると、その「遅いテンポ」ばかりが取りざたされている。実際、初めて奥さまが彼の演奏を聴いた時も「すごいゆっくり」とは言っていたから、日ごろからクラシックに馴染みのあるかたからすると、彼のピアノのテンポは「すごい遅い」ということになるのだろう。

 

しかし、私はクラシックにかんしては初心者だ。正しいテンポなんて分からない。

 

そんな私にとっての好きか嫌いかのポイントは、まさに単純。

 

「音がカッコいいかどうか」だ。

 

たぶんテンポが遅いが故に、しっかりひとつひとつの音が聴き取れるのかもしれない。

 

なにより彼の演奏には、クラシックではおよそ感じることのなかった「グルーヴ」がある。と、そう思うのだ。

 

テンポが速かろうが遅かろうが関係ない。音楽がグルーヴしている。これって、何故だかクラシックのピアニストからはあまり感じることがない。

 

しかしね、彼は違うのだ。明らかにグルーヴしている。下降するフレーズでは引きずり込まれるような感覚を抱く。潜伏するような低音からポンっと跳ねあがったときの解放感も気持ちいい。

 

 

ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」 第2楽章

ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」 第2楽章

  • Valery Afanassiev
  • クラシック
  • ¥250

ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2「月光」 第2楽章

ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2「月光」 第2楽章

  • Valery Afanassiev
  • クラシック
  • ¥250

ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調作品57「熱情」 第3楽章

ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調作品57「熱情」 第3楽章

  • Valery Afanassiev
  • クラシック
  • ¥250

 

 

なんだこれ? すげーカッコいい!!

 

これが第一印象だ。

 

彼がいなければ、私は今ほどクラシックをフツーに聴ける人間になっていたかどうか、分からない。それぐらい影響力の強いピアニストだ。

 

 

 

 

シューベルト:ピアノ・ソナタ第18番

シューベルト:ピアノ・ソナタ第18番

 

 

 

そしてこの、

 

ふてぶてしい顔!

 

いい歳してこの

 

どアップ!!

 

 

…なんか好き(笑)。

 

 

そんなこんなで、昨日はドライブのお供にアファナシエフを連れ出した。大音量で聴くベートーヴェン、なかなか悪くない。「クラシックはどうも眠くなってしまう」というかた、渋滞のない田舎道で爽快に楽しむのは、アリだと思う。クラシック初心者としてオススメします。

 

 

 

ロータス・ブロッサム

蓮を撮影したからか、先日から頭のなかでこの曲のメロディが繰り返し再生されている。

 

ロータス・ブロッサム」

 

ロータス(蓮)、ブロッサム(咲く)みたいな意味。

 

 

トランペット奏者、ケニー・ドーハムの名曲として有名。

 

 

 


Kenny Dorham Quartet - Lotus Blossom

 

 

Lotus Blossom

Lotus Blossom

  • provided courtesy of iTunes

 

印象として、蓮が咲くにしてはずいぶんと勇ましいというか、攻撃的な曲。

とはいえ、個人的にはカッコよくて大好きな曲。

 

ところがこの曲、以前はケニー・ドーハム以外のミュージシャンが演奏する時は、「Asiatic Raes」という曲名に変更されることが多かった。なぜか?

 

実はもうひとり、「ロータス・ブロッサム」というタイトルで作曲した人物がいる。

 

デューク・エリントンの右腕にしてサックス奏者、ビリー・ストレイホーンだ。

 

ケニー・ドーハム、じゃっかん分が悪いと思わないだろうか。

 


Duke Ellington, Lotus Blossom (Trio) (Strayhorn)

 

しかも、地味ながら美しい曲で、蓮が咲くイメージとしてはこちらの方が近い。

 

 

それでもケニー・ドーハムは負けなかった。

 

なにしろ曲がカッコイイ。売れたのだ。

 

そんなわけで、今ではアルバムタイトルにも「ロータス・ブロッサム」をつけるミュージシャンが沢山。ほら、こんなに!

 

 

ロータス・ブロッサム

ロータス・ブロッサム

 
ロータス・ブロッサム

ロータス・ブロッサム

 
Lotus Blossom

Lotus Blossom

 
ロータス・ブロッサム

ロータス・ブロッサム

 
Lotus Blossom

Lotus Blossom

 

 

 

え? けっこう良いメンツ。ちょっとアルバム、欲しい。

 

ここまで書いて自分で驚いたのだが、現在、私のアルバムストックに、「ロータス・ブロッサム」の入ったアルバムは1枚もない。確実に何枚かは持っていたはずなのだが…いったいどこに行ってしまったのか…

 

ないと気づいたら途端に欲しくなる。

 

浜崎航さんと片倉真由子さんは、別々ではあるがライブで拝見したことがある。私の好きなデュオ形態のアルバムでもある。これにしようかなぁ…

 

しかし、渋谷毅さんのアルバムも興味深いなぁ…ずいぶん昔のアルバムだと思うが、たしか2枚組のライブ盤だったような気がする。こっちの方が良いかなぁ…

 

 

なんてことを考えながらAmazonさんで調べてみたら、またまた驚いた。

 

渋谷さんの「ロータス・ブロッサム」、ビリー・ストレイホーン作曲の方だった!

 

 

いやはや、紛らわしい…。

 

 

ケニー・ドーハムよ。ヘンなところで大物にケンカ売るなよな、ホント。

 

 

 

 

ドライブ

日頃、まとまった時間のドライブをしていない。乗っても15分がいいところ。30分以上ともなると年間でも1度か2度あるかないか…それ以上だとほぼデータがなく、おそらくショートする。何がショートするのかは分からないが、何かがショートする。ウォーズマンと同じだ…なんて、ずいぶんと古いネタを持ち出してしまったが、分かるヒトにしか分からない話なので無視していただいていい。

 

それはともかくとして、そんな私が昨日、30分のドライブをした。珍しいことである。

 

とはいえ、別に何か用事があったわけではなく、ただフラフラとその辺を徘徊しただけだ。ふだんは時間が短すぎて音楽も聴けないから、たまには音楽を外に連れ出そうかな、と…。

 

 

Fred Hersch Plays Jobim

Fred Hersch Plays Jobim

 

 

 

はい、まったくもってドライブには似合わない1枚。フレッド・ハーシュのソロピアノによるジョビン集。

 

ジョビン集…って、いきなり言われても馴染みのないかたにはまるで分からないだろうが、アントニオ・カルロス・ジョビンといえば、ボサノヴァの最初期に活躍した作曲家でありミュージシャン。というか、現在に繋がるボサノヴァの流れを作った張本人みたいなヒト。ボサノヴァが好きなヒトたちにとってはアントニオといえばジョビンであって、決して猪木さんではない。といえば、「ジョビンすげーっ」てことが分かっていただけると思う。たぶん。

 

そういやむかし、「アントニオの歌」なんてタイトルでマイケル・フランクスがジョビンに捧げた曲を書いていたが、どうしても猪木さんのイメージが強すぎて好きになれなかったなぁ…って、ハナシがだいぶ逸れてきたので止めておく。

 

スリーピング・ジプシー <SHM-CD>

スリーピング・ジプシー

 
アバンダンド・ガーデン

アバンダンド・ガーデン

 

 

なんのハナシだったか。

 

そう、ドライブをして、音楽を聴いたというハナシだ。

 

アントニオ・カルロス・ジョビンの曲を並べたフレッド・ハーシュの隠れた名作。

 

ジョビンの説明ばかりでフレッド・ハーシュのことを何も書いていないが、ひたすら地味なピアニストである。しかし、名手である。いわゆるミュージシャンズミュージシャン的な存在。玄人好みするタイプでもある。トリオやカルテットでよりも、ソロの方がいい。そんな感じのヒト。説明になっているのかどうか…。

 

ソロ [日本語帯/解説付] [輸入CD]

ソロ [日本語帯/解説付] [輸入CD]

 
Solo

Solo

 

 

ともかく、そんな彼のアルバムを持ち出してのドライブとなった。ボサノヴァのソロピアノのアルバムを大音量で聴く。地味だけど、とんでもなくうつくしい和音の連発。近年の、カフェミュージックっぽいボサノヴァとは違う。やっぱスゲー!

 

 

ふだんアパートに暮らしていると、大音量で音楽を聴くことがムズカシイ。「鳴らしきってない」感じは少々キモチが悪い。

 

かといって、本格的なオーディオルームにアルバムを持ち込んだり、巨大なスピーカーのあるバーでお気に入りの音楽をリクエストする、というのとも違う。もちろんそれはそれで楽しいのだが、やはりドライブという開放感とともに聴く音楽はまた別の良さがある。

 

 

と、そんなわけで昨日はドライブをした。もちろん、私がショートしてしまう30分ギリギリという時間内だ。なんの目的もなくフラフラと音楽を聴きながらの運転は、運転ギライの私にとっても楽しいものであった。

tomoca

はい、週に1度ぐらいは挟み込みたい音楽ネタ。とかいうほど別に絶対って感じではないが、何はともあれ今日は音楽ネタ。

 

オーボエ奏者のtomocaという女性をご存じだろうか?

 

先日、テテ・モントリューというピアニストの記事を書きながらつらつらとネットを眺めていたら、偶然その名に行き着いた。

 

そういやテテ・モントリューの父親もオーボエ奏者だったよなぁ、なんて思いながら、何故だか惹かれるものがあり、ちょっと調べてみた。

 


Oboe tomoca Plays 「夕泥み」 from new album "stranger trip" オーボエ トモカ : UHQCD

 

 


Oboe tomoca Plays for God「 Johann Sebastian Bach - Air on G String」オーボエ トモカの「G線上のアリア」

 


Oboe tomoca Plays 「Dibawah Sinar Bulan Purnama」Piano Yoshiko Kishino : Keroncong

 

 

え? めっちゃ良いじゃん!!

 

三つの動画からの音源を聴いてみただけでも、その幅広い音楽性はすぐに分かる。そしてオーボエのこの音色。オーボエってこんなに良い響きの楽器だったっけ?

 

そもそもこのオーボエという楽器、クラシックのオーケストラ以外ではあまり耳にする機会がない。たぶん私なんてクラシックのオーケストラでオーボエが聴こえてきても、それがオーボエだとすぐに分かる自信もない。

個人的な意見ではあるが、マイナーに類する楽器だと思っている。

まぁ、オーケストラではけっこうメインどころを吹いているみたいだけど。

 

そんなオーボエでジャンルレスというか、ワールドミュージック的というか、かなり個性的なアプローチを試みているみたい。

 

 

 

tomoca.c.ooco.jp

 

 

公式サイトもちゃんとしてる。

 

現在はバリ島と日本を行き来しながら暮らしているらしい。

 

バリ島というと、ヘンにスピリチュアル系だったり、妙にネイティブにこだわったりと、基本的にはあまり好みではない方向に向かっていく音楽が多いのだが、彼女が使っている楽器がオーボエという西洋楽器だからなのか、ほどよく距離を置いているようで、そのどこか三人称的視点が私みたいな「どこにも馴染めない系」の人間には心地よかったりする。

 

うん、なんかホントに妙に気に入ってしまった。

 

お金、貯まったらアルバム買おうっと!

 

 

AQUI

AQUI

 
ストレンジャー・トリップ

ストレンジャー・トリップ

 
PURNAMA

PURNAMA

 
Lotus

Lotus