高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

駅ピアノ

いつの間にやら奇妙なネーミングで呼ばれているようだが、駅ピアノとは、駅に置いてあるピアノのこと。誰でも自由に弾いてください、という意味で置いてある。

 

 

 

ときどき、YouTubeとかでスゴ腕のピアニストが演奏を披露して話題になったりはしているが、実際のところそんな場面に立ち会ったことはない。やはり海外のイメージが強い。国内ではあまり置いてある駅は少ないのだろうか。

 


France Paris フランス パリ 超絶技巧ピアノ パフォーマンス

 


神業!! フランスで偶然出会った旅行客のピアノ二重奏が美しすぎる

 

 

 

で、ちょっと調べてみた。

 

…うん、少ないね。

 

 

ただ、期間限定とかでなら、けっこう置いてある駅もある。まぁ調律やらのコンディションを保つのも大変だろうから、ずっと置きっぱなしというのも難しいのだろう。

 

とはいえ、もっと広まると良いな。

 

 

ピアノは、もっと色々な場所に置かれるべきだと思う。公園とか美術館とか…映画館とかで、上映作品のテーマ曲とか弾いてるヒトとかいたら、なんか良いな。とか思う。

 

思えばサイレント時代の映画館には普通にピアノが置いてあったみたいだよね。映像と演奏を合わせて楽しめるなんて、むかしの方が贅沢だったのでは?

 

 

あぁそうだ、いっそ駅ではなく電車の中に置いてあったら楽しいのに。ラッシュの時間帯は邪魔にしかならないだろうが、ちょっとした旅行とかで、乗り込んだ列車にピアノが置いてあったら、エラくテンションあがりそう。

 

実際、豪華なリゾート列車には置いてあるらしい。まぁあれは専属のピアニストが弾くためのものではあるが。

 

 

 

いまやジャズのピアニストでさえその音はクリアで整っている。むかしのようなゴツゴツとした演奏をするミュージシャンは少ない。子どものころから路傍にあったピアノを弾いて育ちました、なんていうミュージシャンの登場を促すためにも、駅にピアノを置くという発想はスバラシイと思う。

 

 

 


【即興演奏】品川駅で突然ピアノを弾き始める女性!人々の反応が面白いwww【ストリートピアノ】

バンドネオン

昨日ふと古いモノが好きみたい、とのハナシをした。加えて路面電車に乗ってきたこともあってか、ノスタルジックな気分になってみた。と、ウソかホントかなんてバレないだろうから書いてみた。

 

で、今日はノスタルジックなイメージの強い楽器、バンドネオンが大活躍のアルバムをご紹介。

 

 

穏やかな海 / Mare Calmo

穏やかな海 / Mare Calmo

 

 

いやはや、よくあったな、Amazon

というか、考えてみればこれ、国内盤が出てるのね。彼らがそんなに売れっ子とは思わないが、このあたり、日本の音楽界も捨てたもんじゃないね、と思ったりもする。

 

彼ら。

 

そう、このアルバムはバンドネオンとピアノのデュオ。

なかなか珍しい組み合わせだと思う。私としても、たんにHMVに遊びに行った際、偶然これを見つけて「お、珍しいね」、みたいな感じで買ってみた。なんとも衝動的だ。しかし、聴けばあっという間にこの組み合わせに魅了される。ホント、これだから衝動買いは止められない。


"Mare calmo" - Daniele di Bonaventura & Giovanni Ceccarelli

 

それにしても、よくまぁYouTubeにもあったもんだ。

そしてまぁ、よくもこんなに暗い曲だけ載せているもんだとも思う。たしかにこの曲もアルバムの中に入っているが、全体のイメージとしてはもう少し明るい。

 

イタリア生まれのふたりは、同じ州で生まれた同郷のミュージシャン。しかし初めて出逢ったのはパリ、とのこと。別々の道を歩みつつも、出逢うべくして出逢ったふたりは、音楽的な嗜好もピッタリだったらしい。すぐにデュオとしての活動を始めた。

 

そんな偶然の出逢いから生まれたデュオが作ったアルバムと偶然に出逢った自分、その幸運に感謝したい。

 

 

と、とりあえずここまでは真面目に書いてみたが、もう疲れたからやめる。

 

 

 

バンドネオンという楽器を見ていると、個人的にどうしても気になることがある。

 

 

なんかあれ、タイプライターに似ていないか?

 

 

なんでアコーディオンみたいに鍵盤ではなく、全部が全部ボタンになってるんだろう?

その時点ですでに楽器であることを放棄しているとしか思えないのだが。

というか、そもそもバンドネオンとは、本当に楽器だったのだろうか?

 

ついでにいうと暗号機エニグマにも似ている。あ、画像を貼りたかったのだが、さすがにAmazonでも扱っていないらしい…。

 

それはともかくとして、おそらくコヤツらはみな、親戚関係にあるのではないだろうか。

発している空気感が同じだ。

 

 

おそらくバンドネオンもタイプライターもエニグマも、もとを辿れば先祖は同じなのでは、なんてことを勝手に思っている。

タイプライターとエニグマは進化の過程で滅びた種だ。バンドネオンだけが楽器に進化したことでかろうじて生き残っているといったところか。

 

 

…相変わらずナンのハナシをしているのか分からない。ちょっと彼らの先祖の姿に想いを馳せてみたら楽しくなってきたからそのまま書き進めてみた。

 

 

ま、何はともあれバンドネオンがこれから先の未来も生き続けることを願うばかりである。

 

おしまい。

 

 

 

思い出のブラックバード

むかしむかし、サントリーウイスキー、「ホワイト」のCMソングにもなった。

マイルス・デイヴィスのバイ・バイ・ブラックバード

個人的にはあまりマイルスは好きではないが、この曲、というかこの時期までのマイルスは好きだ。そして、なにしろそのCMが最高に好きだった。

 

というわけで、今日はスタンダード、ブラックバードについて。

 

CMは人形を使ってのものだった。ちょっと細かい作りまでは覚えてないのだが、たぶんクレイアニメーションのような撮影方法だったと思う。設定はアパートの一室。白い壁とダークブラウンのフローリングの床。シンプルな部屋だ。オレンジ色の夕陽が射し込んでいる。飼い主の男性と猫がテーブルに向かい合って座っている。男性は女性にフラれたばかりなのか、ちょっと切なげな表情。それを慰めるような表情で見ていた猫がひと声。男性は猫にむかって軽く肩を竦めると、手もとのウイスキーを掲げてみせる。

 

 

サントリー ホワイト 640ML 1本

サントリー ホワイト 640ML 1本

 

 

細かい作りまで覚えてないとか言いながら、細かく覚えている。

 

 

もうね、コレたぶん20年ぐらいは前のCMだよ。ここまで文章に起こせるぐらいに記憶している時点で、私がどれだけこのCMが好きだったかが分かると思う。なにしろYouTubeで検索しても見つからないぐらい古い。それでも覚えているのだ。

 

 


Miles Davis - Bye Bye Blackbird

 

で、このCMのバックで流れていたのが、マイルスのバイ・バイ・ブラックバードだ。当時はまだジャズにあまり詳しくなかったので、最初はそれが誰のなんて曲かも分からなかった。でも、調べてすぐにCDを買いに行った。

 

なんだろう、まだひとり暮らしをしたことのないオトコが憧れるすべてが、そのCMにはあったように思う。

 

…大袈裟だな。

 

しかし、女性にフラれてしまうところも含めて、「オトナ」をイメージさせるには充分だった。それを飼い猫が慰めてくれるというのも、なにか夢があった。

CDを買ったその足で、私はウイスキー、ホワイトも買った。で、水割りなんてしないでロックで呑む。猫がいなかったのは残念だったが、部屋でなんとなくCM場面を再現している気分になったりもした。もちろん、わざわざフラれたりはしていないが…。

 

 

ちなみに歌詞の意味としては、なかなか解釈が難しいのだが、色町に堕ちた女性の視点で、客の男性(ブラックバード)に密かに想いを寄せてはいるものの報われず、この場所に愛はない、だから故郷の家に帰るとかなんとか、そんなことを歌っている。はず。

 

ジャズのスタンダードは演奏する人間の性別によって解釈というか、立場が逆転したりする。しかし、まぁこの曲に関してはたぶん、男性が演奏してもそのまま女性視点で、という立場を変えることはないのだと思うけど…

 

なにはともあれ、細かいことは抜きにして、この曲のマイルスのトランペットは最高だ。いわゆる「たまごの上を歩くような」と呼ばれたデリケートな音色は、心地よくもあるし、切なくもある。

 

というわけで、今日はスタンダードソングではあるが、マイルスの一択、という感じでご紹介してみた。

 

 

それでは、バイバイ。

 

 

 

 

 

椿姫

いまでこそ世間にも認知されているライブビューイング。

いわゆる「映画館でライブを楽しもう!」的な発想で始まった映画館の新たな活用法だが、コレの最初期から続く企画が「METライブビューイング」だ。

 

ヴェルディ《椿姫》 | 演目紹介 | METライブビューイング:オペラ | 松竹

 

メトロポリタン歌劇団、通称「MET」。

オペラである。

本場のニューヨークで繰り広げられる最高峰の舞台を映画館の特等席で。というのがコンセプト。しょっちゅう上映されるわけでもなく、1週間という期間限定。しかも1日1回しか上映しない。貴重である。大人3600円。割高でもある。

 

それでも、もう10年以上の歴史があると思うが、何だかんだで年に1回か2回は観に行っている。

 

オペラという、基本的にはまったく縁のないジャンルの舞台に、なぜそんなに通っているのか?

 

最初の印象がよかったのだ。

 

ここ数年は午前中にスタートしてしまうことが多いが、以前は夕方からの上映だった。映画館でオペラを観て、そこからディナーに、という流れがなんだか個人的に「カッコいいじゃねぇか!」と思ったわけだ。

 

まぁ実際はひとりで観に行って、終わってからオトコ友だちと呑んだくれて終わってしまったが…。

 

それはともかくとして。

 

まず、スタートからしてふだんの映画と違う。入場する際にタイムスケジュールの紙が渡される。オペラは何しろ上演時間が長い。当然、上映時間も長くなる。3時間近いことなんてザラ。映画館でも、幕間の休憩なんてものが入っている。

 

そして、上映に先立ちまして、とのスタッフからのあいさつがあったのも新鮮だった。

 

そのときは、わりとコメディタッチの演目だったのも良かった。堅苦しくならなかったし、なにより歌手が歌いおわったとき、客席にむかってガッツポーズとかしちまったり、それにつられて映画館なのに「ブラボーっ!」の声が響いたりで、なんだかいつもとまるで違っていたのだ。

 

そんなこんなで、いまだにときどき観劇にいく。

 

で、今回は「椿姫」だ。数年前にも観に行ったが、今回は新演出。

以前はわりと斬新でモダンな雰囲気だったが、今回は18世紀に舞台を移しての、どこか「ムーランルージュ」っぽいツクリ。

 

そして、なにより主役の男性は、私が初めて観劇した時と同じお方、フアン・ディエゴ・フローレンス。いまや世界最高とも呼ばれるテノール

 

うん、期待がもてる。

 

そしてヒロイン、椿姫はディアナ・ダムラウ。

ゴツくない…スバラシイ!

 

ライブビューイングの弊害として、あまりにも近くで歌い手の姿が見えてしまうため、オペラ特有のたくましい女性が、どうしても役に合わなかったりしてしまう。

以前に「サロメ」を観た時は、設定上は十代の少女、でも実際は40過ぎのゴツい女性。ちょっと感情移入がムズカシイ…。

 

だけど今回は大丈夫そうだ。

 

 

というわけで、観てきた。

 

 

うん、とても良かった。

というか、すごく良かった。

舞台そのものも良かったが、幕間の稽古シーンが印象的だった。音楽監督とヒロインのやりとり。音のひとつひとつの意味を考え、ニュアンスの細かな確認。静かだけど、とてもエキサイティング。プロフェッショナルを感じた。

 

全体的に観ても、ホントにいい舞台だった。

 

限られた期間だが、オススメだけはしておく。

 

タイミングの合う方は、ぜひご覧いただきたい。

 

 

椿姫 (角川文庫)

椿姫 (角川文庫)

 

 

 

ヴェルディ:歌劇《椿姫》全曲

ヴェルディ:歌劇《椿姫》全曲

 
ヴェルディ:歌劇《椿姫》 [Blu-ray]

ヴェルディ:歌劇《椿姫》 [Blu-ray]

 

 

 

「いいねぇ」と呟きたくなる音色

この前、スタンダード曲の「Everything Happens To Me」をご紹介した際、Amazonで検索したアルバムを貼りつけておいた。

 

1枚は私も所有していたモノだったが、1枚は知らないアルバムだった。

 

ピアノとコルネットのデュオ。

 

とても気になった。

 

で、買ってみた。

 

 

エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー

エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー

 

 

今回ご紹介はコチラのアルバム。

 

いやはや、久々の大当りだったのだ。

 

演奏も選曲もスバラシイのだが、なによりコルネットの音色がね、ホントうつくしい。

 

いわゆるオーディオマニアの方がいう「音がいい」というのとは違う。音色がいいのだ。

 

どういいのかっていうと、紅の豚のカーチス(マルコのライバルの飛行艇乗り)とかが、バーのカウンターに頬杖をつきながら思わず、「いいねぇ」ってつぶやいちまうような、そんな感じ。

 

分かりにくい…。

 

コルネットの音は、トランペットを少しやわらかくした感じをイメージしていただけると分かりやすいかもしれないが、場合によっては「軽く」聴こえてしまうことがある。

線が細いというか、弱すぎる感じ。

 

しかし今回の演奏者、ラッセ・トゥーンクヴィスト(なんて覚えにくい名前!)、本当に音が豊か。やわらかいし優しいが、弱くない。とてもふくよかで、だけど愚鈍という感じはしない。半熟卵ぐらいの世界で活躍するフィリップ・マーロウみたいだ。

 

あぁ、これも分かりにくいな。

 

 

Everything Happens to Me

Everything Happens to Me

  • Lasse Tornqvist & Jan Lundgren
  • ジャズ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

The Very Thought of You

The Very Thought of You

  • Lasse Tornqvist & Jan Lundgren
  • ジャズ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

ま、なにはともあれ、

え? こんなスゴいひと、いたの?

 

という感じ。

 

 

別に新人さんというわけではない。

大ベテランだ。

いっとき、日本でも売れていた時期がある。

 

「スウィート・ジャズ・トリオ」。

 

いったい誰がそんな名前をつけたのか、そんな名前じゃ、いくら軟派なジャズファンの私でも買いはしない。

 

で、まったく彼の存在を知らなかった。

不幸なことである。

 

今回は、彼の相方となったヤン・ラングレンを知っていたので購入に至った。ラングレンに感謝である。思えば、彼も若いころは「ピアノの貴公子」なんて呼ばれてコアなジャズファンからは見向きもされない、なんていう不遇を囲っていたが、今ではすっかり実力者として認知された。

やれやれ、日本のプロモーションを担当している方は、いったいどこを見て売り出そうとしているのか分からない。困ったもんだ。

 

そんなこんなで、発売からずいぶんと時間が経ってしまったが、無事にこのアルバムと出逢うことができた。この幸運を素直に喜びたいと思う。

ペーパームーン

昨日、「Everything Happens To Me」というスタンダード曲をご紹介したので、ついでに今日は私のイチバン好きな曲を。

 

「It's only a paper moon」

古い古い映画、かと思いきや1973年のアメリカ映画。古い映画、ぐらいでいいかな。

73年の映画のクセに、敢えてのモノクロ。それが余計に古い映画という印象を与えているのだが、作品の舞台が世界恐慌時代ということ、あとは監督がモノクロの方が表現力が増すと考えたこと、等の理由で決まったらしい。

 

 

 

まぁそんな時代背景やら高い志しやらのある作品ではあるが、決して暗くて重たい映画ではない。ちょっぴり切ないロマンチックコメディみたいなノリで、けっこう好きな作品だ。

そして、なによりここで使われている曲がステキ。作曲者はハロルド・アレン。曲そのものは1932年のモノ。こちらこそ古い古い曲。ナット・キング・コールの歌で有名になった。

 

 

私が初めてこの曲を聴いたのはローズマリー・クルーニーだったと思う。ジョン・ピザレリとのデュオ。

 

紙で作られた月も君さえ信じてくれたら本物になる…もうね、この歌詞が好き。あるわけねぇだろ、とか思いつつも、もしかしたら…なんて思える軽妙さと洒脱さがある。

 

ジャズを聞き始めたばかりのころは、とりあえずこの曲が入ってるCDは買う、と決めていた。まぁそれくらい、多くのミュージシャンにカバーされている名曲でもある。

 

ペイパー・ムーン

ペイパー・ムーン

It's Only a Paper Moon

It's Only a Paper Moon

It's Only a Paper Moon

It's Only a Paper Moon

ペーパー・ムーン

ペーパー・ムーン

  • ニューヨーク・ジャズ・トリオ
  • ジャズ
  • ¥150

 

…アルバム紹介もいいが、スタンダード紹介もアリだな。歌詞とか、久しぶりに調べてみたりするの、案外たのしい。

ときどき気が向いたら更新したいと思う。

 

厄日

昨日はあまり、いい日ではなかった。

朝は久々に車の渋滞に巻き込まれ、夜は久々にパンを焼くことに失敗した。そのうえ久々に原稿は1行も進まず…というか書いては消しを繰り返した挙げ句、むしろ後退。ろくなことがなかった。

 

と、そんな流れからイキナリではあるが、音楽アルバムのご紹介を。

 

なぜって、「何をやっても上手くいかない男の歌」が入っているから。

 

 

「Everything Happens To Me」…つづりに自信はないが、マット・デニスの名曲である。

いや、名曲というのはたしかだが、なかなか名曲とはいいにくい歌詞の曲だ。

 

何しろ出足から、「賭けてもいい、僕がゴルフにいけば必ず雨が降る」みたいなことを言い出す始末だから。

そのほか、「部屋でパーティなどしようものなら上の階から怒られる」、「流行りには乗り遅れない、ハシカにだってオタフクにだってなる」、「君にラブレターを送ったけど、着払いで帰ってきた返事にはサヨナラのひとこと」…とかなんとか。

 

いやはや、お気の毒である。

 

 

プレイズ・アンド・シングス

プレイズ・アンド・シングス

  • アーティスト: マット・デニス,ヴァージニア・マキシー,ジーン・イングルンド,マーク・バーネット
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Everything Happens to Me

Everything Happens to Me

 

意外と歌モノのカバーが少なく、逆にインストゥルメンタルのカバーが多い。メロディそのものは美しいからかもしれない。

 

 

エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー

エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー

 
Celebrating the Music of Matt Dennis

Celebrating the Music of Matt Dennis

 

ヤン・ラングレンのピアノトリオのアルバムは持っているが、いまAmazonで検索して驚いた。ジャケットの写真、私の持っているモノはマット・デニスの写真なのだが、いつの間にやらヤン・ラングレン本人に差し換えられている。ラングレンの方がカッコいいからだろうか?

 

まぁ、それはともかくとして。

 

ろくなことがなかった日には、私はよくこの曲の入ったアルバムを引っ張り出す。イヤなことを笑いに変えてくれる魔法の曲だ。苦笑ていどだが…。

 

とはいえひとつ思い出した。以前この曲が入ったCDをプレイヤーに入れたら、CDが取り出せなくなったことがある。

 

取り出せなくなったこと自体が「ろくなことがない」ことのひとつとして考えられるのか、「まだまだこれからもろくなことがない日々が続くからそのままにしておけよ」、というマット・デニスからのメッセージなのか、その時はちょっと悩んだものである。

 

ちなみにその時は、プレイヤーの四隅のネジを外してパカッと分解してやった。そう、無理やりCDを取り出したのだ。

マット・デニスよ、そうそう毎日お世話にはなりたくないのだよ。