高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

スタジオでのプロモーションイベント

まったく写真とは関係ないことを写真スタジオで企画したい。

 

なんてことを当初から考えている。

 

早いハナシ、「あぁ、こんな場所に写真スタジオがあるんだ」ということを知ってもらいたいからだ。

 

よって小さな音限定になってしまうが、アコースティックなライブとかもやりたいし、歌だけのヴォーカルライブとかもやりたいし、また、各種ワークショップなども開催したい。頑張っても20人がいっぱいいっぱいたが、普段は2,3人しか入らないのだから、それでも充分な数だ。

もちろんメインはフォトスタジオなんで月に1度ぐらいの企画ではあるが、金曜日の夜とかならあってもいいと思っている。

 

 

ということで、今夜はそんな私の強い味方、朗読イベントでお世話になっていたお二人とお会いする。

 

西アフリカの民族楽器、コラ弾きの坂入さんと、いつもご一緒に朗読イベントを行っていた、小説家の白井さんだ。

 

まぁ、もはや久しぶりなんで「たまには呑もうぜっ!」みたいなノリでしかないのだが、まずはスタジオ自体を見てもらって、そこから企画をお話した方が分かりやすいので、今日はこれからこちらに遊びにきていただくのだ。

 

そういや、昨日の阿佐ヶ谷での撮影でお世話になった依頼人のお客さまもミュージシャンだったり舞台の演出等に関わっていたりと、上手く繋げていけたら良いなぁと思う方々だった。

 

いつのまにかフォトスタジオよりも繁盛しちまったらどうしよう…なんてことも考えてしまうのだが、それはそれでかまわない。

 

 

かまわないんだ…。

 

 

うん、要は頻繁にひとの出入りする状態にしておきたいのであって、そこんとこあまりこだわりはない。

 

 

ま、何はともあれ色々と企画していきます。そういったイベントをロケハン目的にして、写真愛好家の皆さんが遊びに来てくだされば尚ありがたい。そんな狙いもアリです。近々、お知らせいたします!