高北謙一郎の「物語の種」

読み物としてお楽しみいただけるブログを目指して日々更新中。

神楽坂ロケハン

 

実は昨日の日中、少し時間があったのでロケハンに出かけた。今回は神楽坂だ。

 

観光名所、というほど観光名所ではないが、風情のある街として人気のスポットだ。

 

現地に到着したのは12時すこし前。

 

神楽坂といえばメインの神楽坂通りから少し脇道に入った路地裏が狙い目。

 

 

f:id:takatakakenn:20201001093203j:plain

神楽坂の路地裏 photobytakakita



 

 

雰囲気としては悪くない。

今回のロケハンの目的は、まず平日の昼時の混雑具合の確認。そして、どれだけ店舗等の看板を回避しての撮影ができるかどうか…その2点だ。

 

混雑具合としては、平日でもそれなりには混雑していた。とはいえ路地裏までいけばひっきりなしという感じではなく、多少の待ち時間で誰もいない状態にはなった。もちろん、それでもスナップならまだしもモデルさんを伴った場合はそれなりに素早く撮影していかないと間に合わないが。

 

 

f:id:takatakakenn:20201001094212j:plain

神楽坂の路地裏 photobytakakita

 

 

 

そしてもうひとつ、街中での撮影で気をつけなければならないのが『看板問題』だ。

 

趣味で楽しむだけなら構わないが、その後のプロモーション等、目的がれっきとした作品撮りの場合、安易に看板は入れられない。

 

路地裏となるとどうしても道幅は狭く、その左右に並ぶ店舗の看板が写り込む可能性が高い。

 

 

 

f:id:takatakakenn:20201001122543j:plain

神楽坂の路地裏 photobytakakita

 

 

 

看板は、古びた雰囲気もあって魅力的だった。しかし、やはり邪魔でもあった。これはちょっと目的次第かな。という印象。

 

なにかしら、もっとフツーのプロフィール写真とかでは活用できそうだ。

 

そして実際、作品撮りとして、と考えた場合、まぁ探せば狙える場所はあるな、とは思った。

 

 

f:id:takatakakenn:20201001122655j:plain

神楽坂の路地裏 photobytakakita

 

 

あとは効率の問題。

ワンカットのみ、1か所で本気の1枚を狙うならアリ。出来ればそれなりのカット数を求めるなら、ちょっとビミョー…そんな感じ。

 

f:id:takatakakenn:20201001122743j:plain

神楽坂の路地裏 photobytakakita

 

 

やれやれ、なかなか決まらない。

どうしたもんかねぇ…ちょっとまだ幾つか候補地もあるんで、また時間を見つけて回ってみたいと思う。

 

それでは皆さま、お疲れさまでした!